滅亡の帝国と捕虜の美少年たち⑤

オスマン帝国のカリフのメフメト2世は11才でカリフに即位します。
即位したメフメト2世が真っ先に行った事はまだ小さな弟を絞殺し、父王時代からの老臣たちを家族もろとも滅ぼす事でした。
周りは新しい若いカリフに相応しい若い忠臣たちでしめ、自分が寵愛した男色の相手の美少年たちで精鋭のイェニチェリ軍団を作りました。

父王によって10才の時から毎晩全裸の美少女たちに囲まれ、抱き合い、セックス三昧のメフメト2世は15才の時には11人の子供たちがいました。
毎日毎日入れ替わりの美少女たちとの性交に飽きたメフメト2世は男色を好み、しかもアラブより白人のキリスト教徒の美少年たちを好みました。

さて、幼いメアリーの処女膜はサリー少年によって引き裂かれ、下腹部は血まみれになり、それでもサリー少年は巨根を根元まで突き立ててメアリーの処女を犯します。
やがて激しい射精が始まり、真っ白な精液がドクドクと注がれ、メアリーの赤い血と混じります。
激痛に半死半生のメアリーは気絶しています。

メアリーを押さえているアラブ美少年たちはメアリーを四つん這いにして、その血まみれの美少女の割れ目を開いてサリー少年に2回目の性交を促します。
サリー少年のおチンチンは射精にも拘わらず、大きさも硬さもそのままに激しく上に勃起しています。
再び少年の巨根はメアリーの割れ目にあてがわれ、乱暴に突き込まれます。
四つん這いの美少女の割れ目はより締まり、きつく、根元まで犯したサリー少年の巨根をキュウキュウとしごき、揉み込み、中へ中へと誘います。
また激しい出血が始まりました。
タラタラと太ももから下のシーツに滲む真っ赤な血、しかしサリー少年は構わず大きなスライドで犯します。

バンッバンッと卑わいな音が響き、哀れな幼いメアリーのうめき声が聞こえます。
かなり長い時間激しくピストンしたサリー少年はゆっくり巨根を抜いて、血まみれの割れ目からその上のピンク色の可愛い肛門を狙います。
メアリーの可愛い肛門にはすぐさまオリーブ油が垂らされ、サリー少年の巨根はグリッと亀頭部分だけ嵌まりました。
「キャーッ」メアリーの悲鳴が上がります。
ゆっくりゆっくり巨根は柔らかい小さな肛門を無理やり拡げて嵌まります。

ものすごい締め付けと絞り込み、サリー少年の巨根はまるで女の子たちの指で摑まれぎゅっと握り締められる痛みのような快感です。
膝立ちしたサリー少年の下腹部は血まみれになりながら激しくピストンし、メアリーのお尻を犯します。
とうとうお尻からも出血しました。
激痛に気絶したメアリーはただ激しく突かれる肉のかたまりになり、サリー少年の動きに合わせて動くだけです。

メフメト2世は立ちあがり、腰の布を外して全裸になりました。
赤紫色の恐ろしいばかりのゴツゴツした巨根がそびえています。
ゆっくりサリー少年の後ろに回ったメフメトはそのままサリー少年のお尻を軽く持ち上げ、棍棒のような巨根をサリー少年の肛門にあてがい、突き込みました。
サリー少年の悲鳴が上がり、激しく首を振り、お尻に突き立てられた巨根を抜こうとしますが、周りのアラブ美少年たちがはやしながら押さえつけます。

こうして9才の美少女メアリーは11才のサリー少年に処女を奪われ、処女の肛門まで犯されながら、そのサリー少年の肛門にはメフメトの巨根が嵌まります。
メフメトは大声で卑わいな叫びをあげながら激しく美少年のお尻を犯します。美少年の巨根はメアリーの肛門に嵌まり、やはり激しくピストンしています。
そして、とうとうメフメトは射精しました。
同じようにサリー少年もドクドクと射精します。
メフメトは前に回り、息も絶え絶えのメアリーの可愛いお口に巨根を押し込みます。
半分も入らない巨根、目を白黒させながら懸命にしゃぶるメアリー。
後ろからは変わらずサリー少年が再びメアリーの割れ目におチンチンを押し込みます。
二人の男にサンドイッチされ、前後を犯された美少女は再び失神してしまいます。
メアリーを犯す美少年のお尻を今度はアラブ美少年が犯します。
こうして夜明けまでメアリーとサリーは二人とも散々にその若い美しい体を遊ばれて快楽の道具にされてしまいます。
やがてメフメトは王座に戻り、たくさんのアラブ美少年たちがメアリーとサリー少年に襲いかかり、輪姦が始まりました。
可愛い二人の悲しい悲鳴が上がります。
あらゆる肉の部分が犯され、いたぶられてとうとう二人は犯されながら息絶えます。
メフメトは引き続き、新しい美少年を呼び寄せました。
オスマン帝国の支配階級の淫乱な性の饗宴は始まったばかりです。