滅亡の帝国と捕虜の美少年たち①

東ローマ帝国はオスマン帝国の20万人の軍隊に包囲され、皇帝コンスタンティンノス11世は戦死、わずか8千のキリスト教軍は全滅した。
この頃の戦争のならいで陥落した都市への無差別な殺人や略奪は3日間限り許されたのである。

但し真っ先に城内に侵入したのは皇帝直属のイニチュエリ軍、つまりオスマン帝国の皇帝直属軍であった。
彼等はメフメト皇帝が異常なほどの男色家で、可愛い美少年をもてあそぶのが最大の快楽であるため、滅亡する東ローマ帝国コンスタンティンノープルの城塞内をしらみつぶしに男の子を捜し回っていたのである。

特に宰相アナトリイの一人息子が類い希な美少年と聞き、その館へ駆けつけた。
たちまち宰相も息子も捕らえられて、抵抗する宰相は息子の目の前で首を切り落とされ、まだ11才の金髪青い目の美少年は後ろ手に縛られメフメト2世の前に引き立てられた。

メフメト2世の前には同じようなキリスト教の美少年たちが7人、捕らえられて並べられた。

メフメト2世はまだ18才、細身の長身に黒髪、黒髭、そして冷酷な顔つきの若者だった。

ゆっくり捕虜の美少年たちを立たせて一人一人全裸に剝いて、肉付きや肌のつや、そして生殖器の発達具合を確かめながら品定めをしていく。

その夜からの夜伽の美少年を決めていくのであった。

幼く、メフメト2世の胸までもない美少年たちから早速に一人、宰相の息子の11才の少年を選んだ。

あとの美少年たちも地下牢に入れられてメフメト2世に犯されるまで美貌や体調を整えられるのである。

最初の夜伽の美少年は蜂蜜やワインを飲まされ、精力剤をたくさん食べて、さらにおちんちんや睾丸にも勃起剤を塗り込められて、最後に皮袋いっぱいの浣腸液を肛門から何度も流し込まれ、きれいに洗われた後、バラの香りのヌルヌルの油を直腸いっぱいに流し込まれます。

メフメト2世の男根は恐ろしく巨大でしかもゴツゴツとして、普通の美少年のお尻なら裂けてしまいます。

やがて美しく整えられた美少年はわずかなおちんちんを隠すだけの薄い布1枚の全裸でメフメト2世の寝室に連れてこられます。

そして異常な一夜が始まります。