懐かしいフェラの思い出

私は45歳のおっさんです。
私が小学生の頃、近所に住んでいた女の子2人(ゆかり、あきこ)と良く遊んでいました。
近くの雑木林に秘密基地を造り、そこでお医者さんごっこをやったりしていました。何処で覚えたのか知りませんが(ゆかり、あきこ)にフェラされてました。まだ精通してない私の包茎チンポを2人が順番に舐めたり、しゃぶったりしていました。
チンポの皮を剥かれると痛いだけで、亀頭はチンカスだらけだったのを覚えてます。(ゆかり、あきこ)がおちんちん剥くからね、痛かったら言ってねとお医者さん気取りで私の包茎チンポをムキムキ、メリメリって感じに剥きます。私はその時だけ痛さをこらえる為、息を止めて力んでました。
その後、2人は交互にチンカスだらけのチンポを涎垂らしながらフェラしてました。1番手(ゆかり)いくよぉ~言葉に助走つけながら(じゅぽじゅぽじゅぽじゅぽ・・・・)私の腰を両手でガッチリ押さえて激しい吸引力に私のチンポは真っ赤に充血し、ガクガクっと腰が抜けそうになりながらもチンポの奥底から込み上げてく気持ち良さと疼きに腰がガクガク、ガクガクと震えてブルブル・・・・無精口内発射
チンポに温かい物が巻き付く、ゆかりが命名した必殺のレロレロ攻撃
(あきこ)うふふ・・・くひぃひひぃ変な笑いをしながら私の玉袋を軽く吸い込みブブブブっと息を吐き出して玉袋を震わせる技、くくくっ・・・くひぃひひぃ・・・はぁあぁぁぁ・・・・私のチンポを口に入れて涎をダラダラ垂らしながらのブゥブゥ攻撃、吐き出す時の振動で私の包茎チンポに空気吹き込み風船みたいに膨らむ、はぁあぁぁぁ・・・・ブブブブっ・・・・アナルまでやられる時もあった。
あきこのブゥブゥ攻撃は単純なんだけど、あの振動がずっと続きチンポの奥底からまた込み上げてく気持ち良さに腰がガクガク、ブルブル・・・無精口内発射を繰り返した。
両親が仕事で居ない時などは、部屋の中で裸になり3人で性器の舐め合いをやったりして楽しんだ。
まだあの2人と付き合いがあれば無精口内発射じゃなくて本当の口内発射ををやれたのに・・・精子飲ませたり、ぶっかけなども楽しめたと思う。
私のお気に入りだった(ゆかり)ゲロ吐くまで精子飲ませてやりたい。
ゆかりはずっと独身を貫いていたらしい、私の事がずっと好きで誰とも付き合った事がないらしい。
しかし数年前、海外留学中に喘息をこじらせて死んでしまいました。
あきこは普通の主婦やってますが、私との過去は秘密にしてるらしい。
あきこのブゥブゥ攻撃と言うと真っ赤になり辞めてと拒否されます。
あぁぁ・・・懐かしい思い出と45歳になっても包茎チンポは治りません。
あの2人にチンポ遊ばれたから!!