縄文時代、人前での性行為に羞恥心はなかった

     
縄文時代の人たちの歴史は
性行為を
生き残るためにしていたと言われている。
     
またこの時代は
避妊をするという
認識がほとんどなく
日常的に縄文時代の
人達は子孫を残すため
性行為を
たくさんしていたと
言われている。
     
もし
子供ができても
出産後にすぐに
亡くなってしまう事も多く
生き残ったとしても
短命だったことから
性行為をし子供をたくさん産み
子孫が途絶えないようにする事に
必死だったというのだ。
     
昔の人達の性生活の歴史は
主に野外で行われていたと
言われている。
     
縄文時代の人達は
現代の様に
電気のような明かりがない。
     
そのため
自分たちが
起こした火を頼りに
夜の生活を
営んでいたというのだ。
     
しかし暗くなると
動物も多くみられるため
安全な環境ではなかった。
     
そうなると自然と
性行為を行うのは
昼間の明るいうちだったと言われている。
     
昔の人達には
現代人のような
性行為においての
羞恥心がなかった。
     
だからこそ
人前で性行為を
するのは
当たり前だったようだ。
     
そして周りの
性行為を
目の当たりにしながら
昔の人達は
自然と性行為を
学習していたという。
     
縄文時代の
平均寿命は
男女共々15歳だと言われている。
     
これは乳児の
死亡率がとても高かった事。
     
そして今の時代と比べ、
医療技術もない時代
だったことから
女性が出産の時に
命を落とす危険性も
あったからだという。
     
縄文時代と言えば
貝塚や土器などを
思い浮かべるだろう。
     
しかし現代のように
機器の普及もしていない時代だ。
     
土器などを作り上げていた
昔の人の性生活とは
どんなものだったのだろうか?
     
避妊などの
知識はないも等しかったが
実は昔の人達は
性行為の技術がとても
長けていたと言われている。
     
現代人の性行為をする
時間はおよそ一時間程度に
満たないと言われている。
     
長い人でも二時間くらいだ。
     
しかし、
昔の人達の性行為に
及ぶ時間はなんと
一晩中だったというのだ!
     
そして縄文時代の男女には
驚きの事実が隠されていた・・・
     
なんと縄文時代の
男性は性行為の時
オーガズムを
コントロールできていのたのだ!
     
縄文時代の人達は
性行為において
とてもタフで
テクニシャン
だったと言われている。
     
昔の人は現代の人達より
ずっと体力があり
一度性行為をし始めると
一晩中性行為ができた。
     
その間
男性はセックスの絶頂を
コントロールでき
女性も自在に
オーガズムを
コントロールできていた事から
一晩中性行為に
打ち込めたという。
     
しかしこれだけではない・・・
     
過去には現代には
考えられない
こんな時代が存在した。