妹のパンツ(ショーツ)と俺のパンツ

兄と妹でお互いのパンツを貸しっこしているおかしい兄妹の話です。
まあ、夫婦でやっている人もいるみたいですね。ここのサイトの投稿者の方々の告白見ていると、うちらもまあ許せる範囲の告白かなと思いました。

兄の俺は29歳の独身で彼女無し。妹は23歳で同じく独身で今はフリー。
某県出身で、両方とも東京に出てきました。
就職してこっちで働いているので。
妹の智美(仮名)は、昨年こっちに出てきた。
「お兄ちゃんさ、悪いけど一緒に同居させて。一人じゃ心細いし、東京で生活したことないから。」ということで、兄妹の同居生活となったんです。
もちろん、何にも変なことはありません。だって、兄妹ですから。
2DKじゃ狭く感じたので、お互いに出資して3LDKの賃貸マンションに引っ越しました。
智美は、まあ美人の部類かな?と俺は思ってます。会社でももてるみたいだし。
某大企業本社で受付嬢やってる。
身長165㎝と割と大きめ。バストはCカップ。顔&スタイルで受付嬢にされたって本人は言ってたけど、まあ納得。
兄の俺は、身長168㎝と割と小さめ。とほほ・・・なのです。
智美と並ぶとあんまり体型が変わらないのも兄としてはショックではあります。
智美がハイヒール履いたら・・・ガーンなのです。

今年の2月のことでした。
リビングでTV見てて、その番組で女性が男性のパンツを履いているというレポート番組がありました。
「ねえ、お兄ちゃん、男のパンツって楽なのかな?部屋着にいいのかもね?」
「はあ?おまえ男のパンツ履きたいんか?」
「えへへ~。うん!なんかおしゃれだしゆったりした感じだし。あ!お兄ちゃん貸して!!」
「な!なんで、トモに貸さなきゃいけないんだよ。やだよ。トモが履いたのを俺が履くんだぞ?何考えてんの?」
「いいじゃん!!兄妹なんだもん。ねえ、貸して。貸して!」
妹のとんでもない発言でした。
やむなく、スェットのパンツ脱いで、履いてたボクサーパンツを脱ごうとしたんです。
「ばかーー!なんで履いてるの貸すのーっ!洗濯したの貸してよ!」
まあ、言われてみれば確かに。
1枚ボクサーパンツを持ってきて智美に渡した。
「サンキュー!!へえ、男のパンツって生地がしっかりしてるね?女のパンツってペラッペラッなの。ちょっと着替えてくる。」
智美は自室に飛び込んで・・・。
「お兄ちゃん、どうよ?これ?けっこういける感じじゃん?」
ボクサー姿で部屋に戻ってきた。
男のサイズだから、智美には少し大きめだった。
「締めつけがないから楽~っ!ねえ、お兄ちゃんこれからも貸してね!ねっ?いいでしょ?ちゃんと洗濯すっから~。」
「ったく!あ!生理の時はだめだかんな!」
「あったりまえっしょ!バカー。」
妹は気に入ったようで、スェットパンツ履かずにそのままソファに座ってきました。
「ねえ、なんで股間のところがボワボワ(緩いってこと)なの?」
「はぁ?だっておまえさ、男にはついてるものがあるだろう?だからゆったりしてるんだって。」
「ふーん、そっかぁ」しきりに股間の余った布をひっぱったりしてました。
「変だから、やめろ。早くスェット履けよな。」
ソファの俺の横に、さっき妹が置いた妹のパンツ(ショーツ)がクシャッて感じで丸まってた。ピンク色だった。
無意識に拾って、広げてみた。
「なあ、なんでおまえのパンツってこんなに小さいん?よくそのでかいケツが入るよな?」
「ひどい!ショーツって伸びるのぉ。だから履けるの!そんなにパンツ見ないでよぉ。やらしいなあ。あーー!そんなにひっぱたらゴムのびちゃうーー!やめてって。」
俺はトモのショーツをひっぱって伸ばしたりしたみた。
おーー!伸びる!こんだけ伸びるんか?
確かに彼女がいた時、エッチするときに脱がしたりしたけど、こんなにじっくり女のパンツを見たのは初めてだった。なんか面白くなってしまった。
「お兄ちゃん、やめてって!伸びちゃうよー!」
「こんだけ伸びるなら男も履けるんじゃねーの?」
「バカー、履けるわけないじゃんか。それに・・・エッチ!変態!」
「な、何で!!おまえ、俺の履いてるじゃんか。トモこそエッチだ。変態!」
「言ったわね!!じゃあ、お兄ちゃん、それ履ける?履けるもんなら履いてみ?」
売り言葉に買い言葉になってしまって・・・
「おう!じゃあ、履いてやる。その代り履けたら、トモのパンツも俺にこれから貸せよな!」
「ば!ばっかじゃないのーーー!」
俺、半分キレてた。で、その場でボクサー脱いで、トモのピンクのショーツに足を入れて・・・。
「マ、マジ!マジ?」智美は、信じらんないって目で見てた。
俺はトモの前でも関係なくフルチン状態。トモは足元のショーツと俺の股間の物体に目が行ったり来たりしてた。絶句状態。
「おーー!!履けるぞ!見ろ!!」
ピンクショーツ履いて、智美の正面に仁王立ち。もちろん股間はもっさりと膨らんでしまった。
智美は、目見開いて俺の股間・・・いや、ピンクショーツを見てた。すっぽりと俺の物体が収まったショーツに唖然。あ、俺のが別に小さいってことではありません。
人並みの大きさです。元気なときは15㎝弱あります。
「お、お兄ちゃん・・・履いちゃった。」
「ん?変か?あのさ、ほんとに女のパンツってペラペラに薄いんだな?」
「マジ・・・履いてる。うっそー!履いた!ショーツ履いた!・・・でも、ちゃんと入るんだね?あれが・・・。」
「な?履けただろ?玉もサオもはみ出さないし。」
自分でもバカなことしてると思っていたが、智美はびっくりしながらも俺の股間の膨らみから目を逸らさずに見つめてた。はみ出したりもせずにショーツに収まっているのを感心してた感じもあった。
「何?何おまえ見てるん?」
「お兄ちゃんの・・・ふくらみ過ぎ。ねえ、締め付けとかきつくないの?痛くないの?」
「ああ、なんかしっくりくる感じだ。きつくないし、玉も痛くないし。薄いからノーパンでいるみたいに楽だな。」
「ふーん・・・そう・・・なんだ。ねえ、それ貸してあげよっか?」
トモが目をパチパチさせながら言った。
「へ?いや・・・いい。まじに今のこれはジョークだから。」
「いやいや・・・ジョークになってないって。お兄ちゃんに貸してあげるよ。しっかし、マジに履くとは・・・でも、セクシーかもぉ。お兄ちゃん、似合ってるかもぉ。」
俺の顔見てニヤリと笑いやがった。
「ばーか!脱ぐわ。」脱ぎかけたら・・・
「待った!待ったぁ!私の前で脱がないでよぉ!さっきだって目の前で履き替えるしぃ。」
「でも、これ返すわ。」
「いいって。履いてて!!そのままでいいから。早くスェット履いてよ。いつまでも膨らんだいやらしい股間見せないでよぉ・・・もう!」
しょうがないので、スェットパンツ履いた。
「お兄ちゃん、ちょっとそのままお尻向けて前かがみになって。ああ・・・やっぱ見えちゃうかぁ・・・」
俺は何が見えてるかわからなくて。
「ねえ、しっかりショーツライン出ちゃうね?」
「おまえこそ、何マジになってるの?」
「だってぇ。お兄ちゃんがショーツを普段履いたら、きっと女の人は気づいちゃうかも。女の目って怖いよぉ?見抜くよ?」
「あほ!だから、今日はジョーク。毎日ショーツ履くわけないだろ!」
「ええ~・・・止めちゃうのぉ?ねえ、お兄ちゃんのパンツ借りるから、お兄ちゃんに私のショーツ貸してあげる。お互いに貸しっこしよ?」
妹のとんでもない発想というか提案に、今度は俺が驚いた。
そして、妹が自室に駆けていき、しばらくして戻ってきた。
「ほら!これ!見て。お兄ちゃん用!」
両手に数枚づつショーツ持ってた。
「お兄ちゃんに履いてもらいたいの選んだよ。可愛いのや、セクシーなやつね。だから、お兄ちゃんも私用に選んできて?」
言う言葉が見つからないって、こういう状況を言うのだろう。
結局、トモの説得に負けた。
俺がトモように自分のパンツ(ボクサーとトランクス)を持ってきて渡した。
「ヤッター!お兄ちゃんのパンツをこれで借りられるわ。私だけじゃ後ろめたいし。お兄ちゃんが私の履けば文句ないでしょ?」
なんか理論的になってない。
「トモさぁ・・・お前が履くのはいいけど、なんで俺までなの?」
「いいじゃない。お互いの部屋着ってことでさ。きっとお兄ちゃんショーツ気に入るよ?私が選んであげるからっ!兄貴思いの優しい妹でしょ?感謝してよ?」
「あ、あほー!もういいよ!パンツ話はこれで終わり!」
「うん!じゃあ決まり!」
なんだか結局はトモに完全にやられたって感じです。

それからは、俺が風呂から上がると脱衣カゴに必ず1枚ショーツが入ってます。
トモが毎日俺用のショーツを出してくる。
トモは・・・勝手に俺の下着の引き出しからパンツ選んでから風呂に入る。
そんなことが続いてアッという間に5月。
令和元年の初日のこと。妹が2枚ショーツを買ってきた。赤と白。紅白かよ!!
「おめでたい色にしたよ~。私、白ね。お兄ちゃんは・・・へへへ赤!真っ赤!赤ショーツ!」
「トモ・・・はぁ~(ため息)・・・お前には勝てん。」
「へへへ。お兄ちゃんと色違いのおそろ~だからね。今晩風呂出たら履こうね?令和元年の紅白ショーツ!!やったね!!」
(何が「やったね!」なんだか意味が分からない)
もう・・・こんなのいつまで続くのかって感じです。
まあ、意外に履きなれてしまえば、ショーツって履き心地いいしろものって思うところもありますが。
トモは、ボクサーがお気に入り。「楽~。ゆったりで気持ちいい~。快適!」と言ってます。

エッチも何にもない兄妹の話ですけど、こんな感じで仲良くやってます。
妹とエッチ・・・それは絶対にないな。そんな気にならないし・・・。
トモも同じです。
「パンツ兄妹だね。でもエッチなこと考えたら・・お兄ちゃんの股蹴るからね!」と言ってます。
とはいえ、変な兄妹だと思います。