日本人の平和の精神は誓約による和合でつくられた

日本書記や古事記のような神話や伝説には、「誓約(うけい)」は忠誠を示す為のもので、誓約(うけい)を行って、新たなる神や子供が誕生する話が多いことがわかります。
一般的には、誓約(うけい)を「占いの結論や神に対する祈りの誓(ちか)いの事だ」としているようです。
      
しかし実は性交を伴う忠誠のあかしが「誓約(うけい)」であるということが推測されます。
「古事記・日本書紀」の根幹を為すものは、「誓約(うけい)神話 」だということです。
      
つまり性交は異部族を一つの群れに和合させるものとして機能していたということです。
日本には大陸から次々に個別の集団が渡ってきました。
二つの集団が平和的に合流するには、誓約(うけい)の概念に拠る「集団婚」が適切で、実態は双方をつなげる「集団内フリーセックス」だったのです。
      
「集団社会」での誓約(うけい)の性交は警戒心を解き、安心して人間を繋ぐことになりました。
戦争(殺し合い)よりも当然良いわけですね。
実際に、豪族や皇室の主導権争いは毒殺や暗殺が多かったという理由が理解できました。
戦争が終わってから御互い和合(性交)するというルールであれば、兵隊は本気で闘わないということになるでしょう。
      
武士の世の中になって、フリーセックスではない厳格な戒めが成立できて初めて本格的な戦争ができるのでしょう。