フェラ、、精通。。

おじさんは・・
「ふふっ、ホントに変態の精液便所だな。今日はおじさんの便器になってもらうよぉ・・」
そして、語気が強くなりました。
「おい、便所。仰向けになりなよ」

「うん・・。」
僕は寝転び仰向けになりました。
「そのまま両手で足を持って高くあげて」
「うん」
おじさんの目からは僕の股間が丸見えの状態になりました。
「いいかっこだねぇ・・便所ちゃん。おじさんの精液たっぷりあげるよぉ・・。便所ちゃんの
オマンコにチンポ入れてあげる。。ほらぁ、僕のオマンコにチンポ入れてくださいは?」

「僕のオマンコに・・チンポいれてください・・」

「よく言えたね・・。チンポから何を出して欲しいの?」
「・・・精液。。」
「一からちゃんと言えよ。変態便所」

「僕のオマンコにチンポ入れて、、中に精液を出してください。。」
「僕のオマンコで気持ちよくなってください・・」

「ちゃんとおねだりできたね。。」
おじさんは僕の股間に体を入れてきました。
そして、指でおしりの穴の位置を確認してきました。
「オマンコ・・ヒクヒクいってるよぉ~。。指でほぐしてあげるね」
指が1本入ってきました。そしてそのまま掻き回されそのまま2本・3本と入りました。
しばらくして
「ほぐれてきたね・・・ほら僕の欲しいもの入れてあげる・・。」
おしりに硬いものがあたった瞬間・・
おじさんの男が入ってきました。。。

「オマンコに入ったよぉ~~気持ちいい??」
「はい、オマンコ気持ちいいです」
僕は何度も「気持ちいい」と言ってました

「どこに欲しいの・・?おじさんの精液。。」
「僕のオマンコに・・いっぱい出してください!」
「うん、いいよぉ~いっぱい出して種付けしてあげるね~~」

おじさんの体の動きが止まった瞬間、ペニスがビクビクっと動きました。
そして・・おじさんの精液が僕の体に入りました。
それはすごく温かく、おなかの中に入ってきたのがわかります。

「一滴残らず搾り取ってねぇ・・」
「うん・・いっぱいください。おじさんの白くて濃い精液。。」

おじさんとの行為が終わったあとお互い体を抱き合って余韻を楽しみました。。

そして僕は真正のゲイになってしまいました・・。
それからというもの、僕は時間があれば川原に行き、おじさんたちの性処理に使われるようになりました。