日本の女性の性の解放は現在よりも過去のほうが先進的だった

 女性が男たちに処女性を求められて、女性の性が縛られきたのが日本で、極最近になって、やっと女性の性が解放されたというのは、歴史認識が完全に間違っている。
 女性の性の解放が先進的と言う時には、今現在よりも、過去の日本のほうが先進的だったことが散りばめられていたこともある歴史の史実を直視する必要がある。
      
 処女性が大衆に向かって女性一般に向けられるようになったのは日本では極最近のことで、日本の女性への性の抑圧は、日本では「発見」されたと見たほうが近いだろう。
 元からあったものではなく、日本の女性は世界でもかなり自由に性を謳歌できていたと見るのは、大衆の娘の視点ではそうなる。
      
 昭和になっても炭鉱では女性が上半身裸で、その昭和の炭鉱の時代でも混浴であったのは、山本作兵衛の筑豊の炭鉱での描写が記憶遺産に残ったことでも分かる。
 『古事記』の天岩戸神話でも、天岩戸にこもった天照大神を引き出すため、女神の天鈿女命(あめのうずめのみこと)がしたのは、日本最初のストリップだ。
 神話から女性の性の解放がある性的儀礼が行われている国が日本である。
      
 日本の女性の性が歴史的に抑圧されてきたと言うのは、かなり酷い歴史修正主義、ジェンダー修正主義を相当に含んでいる。