説明会の女

 「お帰りには、パンフレットご用意してありますので、どうぞお持ち帰りください」
 「それから、個別のご相談に応じておりますので、ご相談のおありの方はこの部屋にお残りください」

 部屋に残った人はいなかった。
 パンフレットもほとんど残っており使い回しには十分だった。
 「ご苦労さん」
 
 午後3時。時間が空いた。
 
 直帰していいよといわれ街を歩くことにした。

 実は、ゆうべあまり寝ていない。
 コネで入ったマルマル証券。
 私は「姫」と呼ばれていた。
 でも、それは、セクハラで失脚したおじへの皮肉だった。
 手のひらを返したように社内での風圧が高まった。
 ホテルでお偉いさんのお相手をしていた。
 白いチン毛が一本見つかった。抜こうとすると痛がった。
 苦労しているのね。
 悲しくなって、笑けてきた。

 「あんた。説明会に来てた人じゃないか?」
 「えっ?ああ」
 私の拙い説明を一番前の席で聞いてくれた人だった。
 「株を買いたいんだ」
 「時間は空いてますけど」
 ちょうどよかった。
 ラブホの前。
 
 「あの、体で営業はしていないんですよ」
 とはいったものの、足が勝手に入室。

 「夢も希望もないよ」
 というおじいちゃん。
 見ると、白いチン毛が一本。
 苦労しているのね。
 即尺してあげると、溜まっていたのか、お口に大量のザーメンを発射。
 私は急に眠くなり、着衣のまま、ベッドに横になった。
 おじいちゃんの手がスカートの中に入ってきた。
 「いいんだろ?」
 後は声にならない声を出して、盛りのついた犬のように私の体を舐めまわした。

 「二回も出せるなんて久しぶりだ」
 下のお口にも、いきり立った肉棒から濃くて熱いザーメンをたっぷりと注がれた。

 「もう。出来ちゃったらどうするんですか?」
 「株はやめて君を買うことにするか?」
 おじいちゃんは成り行きでそういうとペニスを抜いた。