中学1年の美少年2人

私は小学生6年の担任をしていた女教師です
担当していたクラスに超可愛い美少年が気になりだしてから、その子をネタにオナニーをしていた
ある日その子が塾の帰り友達と家に帰る途中だったのでしょうか
バッタリ会ってその子の友達も私の中でストライクゾーンのタイプの美少年でした
それからはその2人と私でHすることをネタにオナニーしてた

卒業して結局そんな事は出来るわけもなく数ヶ月がすぎようとしてた日、先生久しぶり 振り向くとなんとその2人と町で会ったのです これは奇跡か いや奇跡なんてもんじゃない まさかまさかオナニーネタの超可愛い美少年2人が目の前に(笑)

なんて可愛い服装でしょう(笑)

なんとその2人は週末だったのか先生の家に泊まり言ってもいい?と言いだしたのです

私は訳なんてどうでもいい 泊まりに来る?ラッキー と思い、別にいいけど 何時ごろ来るの?と聞くと夜に行くと言ってその場を後にした

夜その2人は本当にやってきました

1時間位喋ってその美少年2人は風呂に入ると言ってくるじゃありませんか(笑) 風呂から先生入らないの〜と声が
私は来る前に入ったからいいよ〜
私のバカ 私のバカ(笑笑) 本当に入ったとはいえとっさに入ったからいいよって言ってしまった 私のバカ(笑)

風呂から出てきた美少年2人は体をタオルで拭いているのがわかります
私はかなり緊張していた Hの経験はあるけど中学1年の超可愛いストライクゾーンのタイプとはさすがになかったからです

部屋の電気は豆球と言うのでしょうか 小さなオレンジ色の明かりがついてるだけで私は布団に入っていた

すると全裸で2人が キスをしてきてブラを外しオッパイをすいだしたのです 私はその時点でアヘアヘでした
私は座った姿勢で教え子が私の顔の前でちんちんをシコシコしてた
私は目が点になってちんちんをみてた
ストライクゾーンのタイプの美少年のちんちんが目の前にある

私は我慢できずお尻の後ろに両手を回しお尻を抱っこするようにしてちんちんを吸いまくった

今度は教え子の友達 その子のちんちんも吸いまくり
私はアヘアヘでハァハァ言いながら布団に横たわった

その美少年2人に脱がされさわられ舐めまくらて私は気が狂いそうでした 最後に覚えてるのはシックスナインの形になって私は下で
寝ながらその子達のちんちんを見ながら
その子達にマンコを吸われ気持ちすぎてそのまま気を失ったのか目がさめると朝で
先生また来ますと 紙に電話番号を書いてその美少年2人は帰っていたのです

それからはHするときはその子達や その子達の友達を相手に、ちんちんを触りまくり舐めまくりしています