初潮・精通の年齢、思春期にして初エッチ適齢期の12~15歳に、昔は婚姻

    
昔の婚姻年齢をご存知だろうか?
歌詞にもある通り、”十五で姉やは嫁に行き”である。
12歳というのも、普通にあった年齢である。
これは、初潮・精通年齢と合致しており、成長に合わせた年齢と言える。(特に決まった年齢なし)
      
ところが、終戦後、アメリカの占領下で新憲法が公布され、男性は18歳、女性は16歳という事になった。
理由は、戦前に横行した経済婚である。
8歳や10歳で売り飛ばし同然に結婚させられる子供を眼のあたりにして、アメリカの要望(20歳)と日本の要望の折衷案で作られた。
要は、”自分の意志で決められる年齢”である。
      
にもかかわらず、日本の現在の法律は20歳以下の結婚を”親の同意がいる”としている。これは憲法違反である。
      
遺言は、15歳から可能である。
遺言、という非常に重要な決定が15歳で可能にもかかわらず、結婚に親の同意が必要とは、笑える内容である。
      
面白いのは、臓器提供の意思表示だ。
15歳以上で意思表示が可能。(成人じゃないから親の同意が居るんじゃないの?)
15歳以下では、親の一存で可能。(親が子供を殺して臓器提供する事が可能)
戦前の強制結婚と同じである。
      
加えて淫行防止条例も、憲法違反である。(淫行防止条例がセックスを禁止するものであれば)
      
売春のみを禁止するのであれば、売春防止法で十分である。
淫行防止条例は、事実上のセックス禁止条例と言える。
こういうバカな法律は、アメリカにもない。
      
セックスを禁止する法律が制定された時点で、日本は滅亡決定と言えるだろう。
      
何故なら、性の成熟には、臨界期が存在するからだ。
思春期にセックスを経験しないと、それ以降の経験では、セックスで快感を感じなくなるからだ。
その臨界期は、思春期の終末である18歳頃に終わる。
      
欧米では、セックスで快感を感じる女性の割合が60%、日本は30%に過ぎない。
これは、明治維新後に行われた強制結婚とセックス否定の名残である。
      
セックスに快感を感じない女性が70%。
そして、自由婚になった現在、積極的に結婚する女性は30%しかいない。という事である。(婚姻率の低下と一致)
      
加えて、世の中はセックスの全否定。
日本は、滅亡決定だねえ。
      
食欲を否定する事が生命の否定である事は、誰の眼にも明らかである。
同様に、セックスの否定は人類存続の否定である。
しかし、それを日本人は誰も理解していないどころか、セックスの否定に躍起である。
      
      *      *    
     
セックスを禁止する法律が制定された時点で、日本は滅亡決定と言えるだろう。
何故なら、性の成熟には、臨界期が存在するからだ。
思春期にセックスを経験しないと、それ以降の経験では、セックスで快感を感じなくなるからだ。
その臨界期は、思春期の終末である18歳頃に終わる。
      
      *      *    
      
セックスを禁止する法律が制定された時点で、日本は滅亡決定と言えるだろう。
何故なら、性の成熟には、臨界期が存在するからだ。
思春期にセックスを経験しないと、それ以降の経験では、セックスで快感を感じなくなるからだ。
その臨界期は、思春期の終末である18歳頃に終わる。