妻は友人と3p

実際の話をします。
妻28歳 子供2人 身長149cm 体重41kg Eカップ
つい先日の話ですが、妻が実家に泊まると言うので私は友人と遊ぼうと思い友人へ連絡、残念ながら空いてる友人が居らず家に帰ろうと車を走らせていると、たまたま友人の車をコンビニで発見声を掛けてみようと思い通り過ぎたコンビニへ戻ろうと隣のラーメン屋に入りコンビニを見ると、友人Aと友人Bが2人で居るので近くに行くのに、車をやり過ごしていると、妻が最後にコンビニから出てきました。3人はニコニコしながら買い物袋を2つ抱え車に乗り込みました。私は、意味がわからず付いて行く事にしました。いま、何が現実なのか?分からなくなりながら友人の車に付いて行くと、ラブホ街の方に向かって行くのが分かりましたが、まさかホテル?入る?浮気なら一対一と思っていた私は流石に無いなと自分に言い聞かせる!期待は裏切られて、3人は一軒家タイプのラブホに入りました。私は、近くの松林に車を止めラブホへ徒歩で向かいました。そこには、友人の車があり、3人がチェックインする姿が見えました。足が重いと感じながら建物に近いて行くと、あまり良い作りでは無いようで、声が外に漏れて聞こえている…もしも妻なら声を聞けば間違いなく分かるので、妻では無いこと…見間違いであって欲しいと思い色の付いたガラスから光が漏れている所に近づいた。その時友人Aの声が聞こえて来た。風呂皆んなで入ろよ!〇〇も入るだろと妻の名前を呼ぶと妻の声でこの前も3人で入って楽しかったから、皆んなで入ろ〜!と楽しい声が漏れて来た…私は、どうすることも出来ず事が進むのを外から聞いて待つしか無かった。雑談で盛り上がり風呂のお湯が溜まったんじゃ無いか?と友人Bの声がして、妻が見てくるとお風呂へ向かう音がした。〇〇さんどう?と友人Bが聞くと、大丈夫バッチリ溜まってたよ!入ろうと当たり前の様に会話が流れていく、私は何が何だか更に分からない状況が続き声だけを聞いていると、妻の声でAちゃんとBちゃんのチン〇って長いのがAちゃんBちゃん太いよね〜!と全裸になったのが分かりました。妻にAからオッパイデカイな〜と会話が続く、風呂で30分くらいフェラや体を洗いあって、ベッドへ戻ってきた…これから始まるんだなと思い聞き耳を立ていると、バイブ好きだね〜と妻の声が聞こえたと思うと、あ〜っんん、気持ちいい〜と声が漏れてきました。私は、ヤメろと思い妻に電話をしました。電話の音が響いて、妻がちょっと待って旦那だと言うとAとBは、後で良いじゃんと妻を電話に出さない様にしている様にも聞こうましたが、妻がちょっと怪しまれたく無いから出るわと、もしもどうしたの?と電話にでた?私は、今どこにいるの?なんか静かだね?と話すと実家の自分の部屋にいると言うので、ラブホだったりしてと伝えると、妻がそんな訳ないでしょ!子供達も居るんだからと嘘をつく神経に、こんな女だったんだと離婚を決意しました。
しばらくして、3人の声が聴こえて来て、鋭いな〜とBの声が聞こえた。妻がバレる訳ないから大丈夫だよと、3pが始まり妻の喘ぎ声が響き渡り素晴らしい状態になって居るんだなと思い、Aの嫁とBの実家へ連絡し直ぐに、〇〇のラブホへ来るように伝えた!Aの嫁は、私の妻と友人でBの両親は、私の両親と知り合いと最悪な人間関係です。このリスクを分かっての行為と判断して、皆さんをホテルまで及びしました!その後は、大変でした。妻は、A嫁にビンタされ、私から無視されBは、実の父からぶん殴られ母親は泣き崩れ、皆んな別々に帰り残るは、妻と私です。妻は当たり前の様に車へ乗ろうとするので、乗らないでください。汚い女が乗る車はありませんと告げ車を妻の実家へ!子供を連れて帰り妻の両親からなにがあったの?こんな夜更けに子供を連れてどこ行くのと聞かれたので、私の実家へ帰ります。事情は娘さんから聞いてください。と伝え実家へかえりました。妻から連絡があり話がしたいとの事、私は苦痛を受けているので疲れたので明日、連絡くださいと話す。妻から両親へ今日の事を話したか?と聞かれ話してない、ただの喧嘩だと思ってるんじゃないか?と話すと、じゃ〜なんでも言う事を聞くからチャンスをくださいと懇願してきたので、明日までに考えておくと話し一晩考えた!次の日、私の両親に子供を預け妻を妻の実家近くに迎えに行った。そこで、今までの経緯や昨日までの不貞行為を洗いざらい話させて、ビックリ!この女!妻は、友人A、友人Bだけでなく複数人の知らない男たちと交わっていたのです。私は言いました。じゃ〜俺とも今からホテルに行こうと誘い、妻を抱き普通にことを終える振りをして、妻に今からカメラ回すからオナニーをしろと指示し更にアナル開発済みと話していた馬鹿妻にアナルに、バイブを入れてやるからイクまでオナニを指示。何度も、クリやアナルにバイブやローターを当て行くところを撮影しました!それでも気持ちが収まらない私は、風呂場でオシッコをするところを撮影すると伝え妻は渋々承諾!全てを撮り終えて約4時間が過ぎており妻に帰ろうと伝え妻を妻の実家へ送り、そこで離婚届けを出してお別れを告げました。妻は、さっきまであんなに求めて来たのに、なんで別れんの話が違うと怒り始める始末!だから、誰も許すなんて言って無い!撮影は、罰だと笑い妻を車から降ろし自宅へ。その後、トントン拍子に離婚の話も進みつつ、撮影した動画は妻の事をよく知る知人たちを募り上映会をしております。妻のバイト先で妻が気持ち悪いといつも話してた。おじさんにもしっかりと穴の中まで見せてやりました!ちなみにキモいおじさんは、妻の体に興味があり想像してオナニーしてたが、元旦那の復習でこんなラッキーが有るんだなと喜んでおりました。