別荘の美少年、その後

ログハウスのジャグジーで初めてのボーイズラブしたけど、お互いの性器を舐め合っただけの、つかの間の性愛だった。

その日深夜からかなりの台風で海は大荒れ、雨も激しく一晩中眠れなかった。

それにしても可愛い少年だった。

ジャグジーから素っ裸で伸び上がった時、目の前に見えたおチンチンはちょっと大きくなりかけて、健康的に息づいて、しかも半分亀頭が見えて、
ホモ野郎ならやばい事したやろうなー、なんて変な想像してしまった。

少年が滑って俺の胸に抱き抱えられた時は、本当に可愛い女の子を抱いた感じがした。

一緒に裸でジャグジーしたから判ったけど、中学生1年生なら13才か、
まだ声変わりしてなくて、でも変声のちょっとかすれた声の時があり、それがまた可愛い。

背丈は140センチ位かな、少年らしい均整のとれたスベスベの肌と小麦色の可愛い体だった。

なんか逃がした魚は大きい、みたいな、俺は男の子の趣味はないけど、あんな美少年ならちょっと良いかな?なんて考えていた。

翌朝も台風、夕方からは止んだけど浜辺には誰もいないし、まだ海は濁っている。

その翌朝、また同じ服装であの湾内の桟橋へ釣りに行った。
もちろん、もしかしたらの期待はありました。

お昼前にあの子が来ました。オーッ、
しかも俺みたいに同じ服装。
笑いながら、まぶしそうに俺を見上げる。

「この前はお兄ちゃん,ありがと」
「いや、こちらこそ、おじいさんに怒られなかった?」
「ううん、全然だよ、帰ったらまだ麻雀していて、ならもう一度お兄ちゃんの家に行こうか、なんて考えちゃったよ」
「来たら良かっのに」
「本当に?お兄ちゃんも来たら良かったと思ってくれた?」
「そりゃ、中途半端だったしな、お前可愛いし、これから色々あるから男として色々教えてやろうと思っていたしな」
「うーん、でも今日、また会えたし、また一緒にジャグジーしない?」
「よし、ちょっと早いから、その前にメシでも食うか?」
「いいね、あのね、僕のあのマンションにはレストランもあるよ、良かったらそこにしない?」
「そうするか、俺実は、今から料理はかなわんし、インスタントカレーでも、と思っていたからな、そこへ行こうや」

また釣り道具抱えてマンションへ、入ったら割ときれいで安いレストランだった。

「お前、何にする?お子様ランチか?」
「ウフフッ、そうする、やだな、普通の日替わりランチにする」

俺たちはランチセットにした。
食後にコーヒーがついて600円、安いけどコーヒーはめちゃ小さいカップだった。

もう少年は俺のログハウスに来る気まんまん。
俺はこの少年が本音ではどこまで期待し、想像しているか、図りかねていた。

「じゃ、行くか?」
少年は外に出るとすぐにおじいさんに電話した。

「夕ご飯も食べてくるから、って言っといたよ、いいでしょう?」
「あー、いいよ、お子様ランチだけどな」
「うん、お子様ランチでいいよ」

ログハウスに戻り、ソファに座らせ、とりあえずカルピス、

「ありがと、お兄ちゃん、実はね、あの日、あの後一人でオナニーしちゃった」
「そうか、もったいないな、もっと2人で楽しめたのにな、オナニーは1回だけかい?」
「ううん、あの日はあと2回したよ、昨日もお兄ちゃん思ってたくさんしたな、お兄ちゃんのあそこを思い出しながらね」
「そうか、よーし、続きしよか?」
「いいの、なんかドキドキして来たよ、お兄ちゃんはいいの?」
「じゃ、とりあえず裸になろ」

少年はTシャツを脱ぎ、擦り切れたデニムの半パンツを脱いで白のブリーフだけになった。

「お兄ちゃん、僕、全部脱ぐ?」
「いや、君のは俺が後で楽しみながらゆっくり脱がしてあげるから」

俺もパンツ1枚になり、横のベッドに腰掛けた。
少年もブリーフ1枚で横に座る。
もう少年のブリーフは期待と興奮でかなり大きい。
いきなりおチンチンに触るよりちょっとじらしてみようと少年の肩を抱いて
顔を俺に向けさせ、キスをした。

あの日のように最初からディープキスにした。
少年は早くも舌を吸われ、俺の舌にも絡みつけて来た。左側の少年を左手で抱え込むようにして、右手で少年の顔から首、胸からお腹、そしてブリーフの硬いおチンチンを布ごしに握った。やわやわと揉み、ゆっくり指をずらしてブリーフを脱がしにかかる。

勃起したおチンチンがブリーフを脱がすじゃまになっている。

手を前に持って来てカチカチのおチンチンをブリーフから解放して、それからブリーフを膝まで脱がす。 
そして始めから強く、弱くリズミカルにピストン運動してやった。

その間はずっとキスしたまま、
少年の左手を俺のおチンチンにあてがう。可愛い手で握ってくれる。

俺のパンツはもう半分脱いでいる。
俺は少年に回した左手に力を込めて強く抱きしめた。少年のおチンチンはカチカチになっている。

「あん、アーッ、お兄ちゃん、もうっ」

「もう出ちゃうか?」
「うん、もう出ちゃう、駄目だよ」
俺はわざと少年のおチンチンのピストン運動を早めた。
「アーッ、出る,出ちゃうよー」
ドクドクと少年の白い精液が飛び散ります。
「お兄ちゃん、ごめん、汚しちゃった」
「いいよ、昨日もたくさんしたのにまだまだなんだね」
「まだ多分いける気がするよ」
「じゃ君、ベッドに入ろう」
2人でもう全裸で毛布もなしのダブルベッドで抱き合いました。
クーラーはガンガンつけています。

でも俺より少年の体は汗びっしょり、額も汗で茶髪も貼り付いて可愛い女の子みたいです。

「なあ、男同士のセックスってあるのは知っているかい?」
「うん、知ってるよ、多分ね」
「いいかい?嫌ならしないし」
「うーん、ちょっと怖いけど、して欲しい気がする」
「よし、嫌なら途中でも止めるし、痛かったら言ってや」
「うん、でも本当、痛くしないで」
「優しくするから、我慢してな」

俺は枕元に用意したオリーブ油を取り
少年に四つんばいになるように手で合図した。
「お兄ちゃん、ちょっと怖いよ」
「大丈夫」

お尻にオリーブ油を垂らし、さらに可愛いピンク色の肛門にも塗りつけます。指で肛門の中にも塗りつけました。そして俺のおチンチンには上からたっぷり垂らしました。
そして少年のお尻を両手で広げて、ピンク色のつぼみに硬いおチンチンをあてがいます。

数回ゆっくり出し入れしたらかなりスムースに亀頭まで入り、それからは少しずつ挿入を深めました。
途中で「痛い?」と聞いたら痛いけど大丈夫って言います。
少年の肛門は柔らかいし、きついし、かなり締まりがあります。さほど女とセックスした経歴はないけど締まりやきつさは女と全然違います。

やっと俺のおチンチンは根元まで入りました。女みたいに潤滑油がないので途中でもオリーブ油を垂らしてやらないと痛みが強くなります。

「どう?坊や、痛い?もう全部入ったよ、とても気持ちいいよ、たまらないよ」
「ちょっと痛いよ、でもお兄ちゃんのが入ってるの判るし、気持ちいいなら嬉しいし」 
「正直男の子とするのは初めてだけどお前最高だよ」
「本当?良かった、嬉しいよ」

「じゃいくね、お尻にたくさん出すよ」俺のチンチンは限界を迎えました。 

俺は可愛い男の子の肛門に初めて射精しました。
女と違い、射精を遠慮なく出来るのが気持ちいいです。
最後まで出し切るとゆっくり抜きますが、肛門の締まりがきつくて、尿道に残る精液は1滴残らず絞られた感じでした。
「坊や、ありがと、気持ち良かった」
「本当に?嬉しい、でもすごい痛かったよー、お兄ちゃんのおチンチン大き過ぎるんだよー」
「多少はそれはあるけれど、だんだん慣れるよ、お尻の穴も広がるし」

「戦国時代の殿さまの後ろの少年たちはたいがい抱かれて可愛がられているんだよ、みんな10才くらいから抱かれているよ」
「なるほど、テレビで見たことあるよ、そうなんだ」
「これから肛門に油塗って、指を2本、3本と増やして広げると入るようになるよ」
「お兄ちゃんにしてもらうわ、いいでしょう?」
「会えるうちは毎日しようね」
「うん、ありがと、楽しみだよ、で、また今からしようよ」
俺たちは全裸で抱き合い、お互いのおチンチンをしゃぶり合い、少年の肛門はその後3回も性交した。
少年が帰ったのは深夜の1時だった。
ベッドには少年の甘い香りが残り、夜中何度もおチンチンは勃起して困りました。
また明日もやろう、と期待はふくらみます。