娘の彼氏。。。①

私は42歳の美雪、 娘は中学3年生。
主人とは別れて私の両親と4人で暮らしているが、両親は別に家があるので月に2日ぐらいしか一緒に居ない。

私は大手企業で働いています。自分で言うのもおかしいですが、中学生の頃から彼氏が居ない事もなく、学校や会社でも側には男性が寄り付いている生活をしていて、いわゆるモテ期は毎日でした。

背は155センチ、体重は40キロ、胸は小さめですが、形は良い方です。
顔は前田敦子似と言われるけど、正直もう少しかわいいかな(笑)

そんな私ですが、先日まさかの経験をしてしまいました。
その日は、夕方から娘の彼氏高校二年生が遊びに来てて、普段から仲良しだったので夕飯も3人で一緒に食べました。
娘が受験生なので夜遅くまで家に居る事もありました。
その日も、夕飯食べ終わっても勉強をするって事なので、私は先にお風呂に入りました。
しばらくして娘が、友達の家にノート借りに行ってくるね。彼は部屋でテレビ観てるからとお風呂に入ってる私に声をかけて出かけて行きました。

私はお風呂をあがり、全裸で髪を乾かしてから部屋着に着替えてリビングに行きソファーに座りました。

その時です・・・
私の背後から口を押さえられ、胸を鷲掴みにされました。

一瞬何が起こったか分からず抵抗すると、
「騒いだら娘がどうなってもしらないよ」と聞き慣れた声が・・・
そうです、娘の彼氏です。

私は頭を縦にふり、騒がないアピールをして、口と胸の手を離してもらいました。

娘の彼氏がソファーの横に座り、
「俺、お母さんの事が大好きなんですよ。俺とエッチしてくださいよ」と、言うので、バカな事を言わないでと逃げようとすると、そのまま腕を掴まれリビングのテーブルに仰向けに寝かされて、手足を紐で四箇所のテーブルの脚に結ばれてしまいました。

「騒ぐなって言ったろ。今、俺の仲間が娘さんと一緒に居て、あんたが抵抗したら娘を廻していいって言ってあんだよ。あいつは難しい問題分からないから教えてもらってると思ってるけどな」

と、いいながら、又私の胸を鷲掴みにしました。
お風呂上がりだったので、ノーブラにキャミソールだったので、乳首が立ってきたのがバレてしまいました。

「なんだよ、気持ちいいんじゃんか。俺はあんたが好きで娘に近づいてチャンスを狙ってたんだよ。仲良くなって安心したんだろうけど、さっきだって風呂上がりに全裸で髪を乾かしてるの、カーテンの下から覗いてたんだぜ。思った通りの綺麗な胸や尻で我慢できないんだよ」

娘の彼氏は私のキャミソールを上に持ち上げ、私の露わになった胸や乳首を舐めまわしました。
私は正直、我慢するのが必死です。
そんな私にイライラしたのか、ショートパンツの隙間から、私のパンティの大切な部分を触ると、私も分かるぐらいグショグショになってました。

元々濡れやすい私は、久々の男の人に感じてしまいました。

脚が縛られているので、ショートパンツをハサミで切られ、私はレースのパンティ一枚になってしまいました。

やっぱ大人は違うと大興奮な彼は、私のパンティの上から舐めまわし、クロッチの横から指を入れて来ました。

娘さんも数の子天井だけど、お母さんの方がもっとブツブツ感が凄いねと、私の名器と何人にも言われたアソコをグリグリされ、私は我慢出来なくなり、
「もう無理〜、やめて〜、我慢出来ない・・・イク〜」と叫び、潮を吹きながらイってしまいました。

彼は脚のロープを外し、パンティを脱がしてアソコをガン見しながら、やっぱ大人のアソコはエッチですね。
かなりやりまくってるから、ビロビロになってるけど、イク時の締りは半端ないから、気持ちいいんだろうなと、Gパンとパンツを脱ぐと、おヘソにつきそうなぐらい固くなった大きな男性器があらわれますた。
舐めて欲しいけど、我慢出来ないやと、私のアソコに男性器をあてがってきたので、抵抗するも、両膝を持たれ身体を固定された私に逃げろ事は出来ず、ズブズブと挿入され、先が私の子宮口に入った時に理性が飛び、彼を受け入れてしまいました。

彼の大きな男性器でこすられた私は直ぐにイキそうになるのですが、彼はニヤニヤしながら腰を止めます。
何回かされてるうちに、止められたら私から腰を動かしてしまい、イカせてほしいと願いました。

「俺の女になるか?なるなら何回でもイカせてやる。ただ、娘ともエッチはするけどな」と言う申し出を受け入れるしか出来なかったら私は、彼の背中に手を回し、唇を重ね、お願いイカせてと全てを受け入れる事を決意しました。

彼が激しく腰を振るたびに、子宮口に入って来て意識が飛びそうになり、
「若いチンポ気持ちいい〜おかしくなる〜、あーイカせて〜、イグ、イグ、イグ〜」と叫びながら、海老反りになりイってしまいました。

その後、2時間で5回はイカされ、彼は私の中に2回も出しました。

お掃除フェラしてあげると、本当に固くて大きくて復活してきたので、ロープを解いて四つん這いになって求めましたが、娘が解放されて帰ってくるとの事なので終わってしまいました。

娘が帰ってきてから、隣の部屋で彼と娘がエッチしているようで、それを聞きながら敏感になったクリトリスをパンティの上からなぞりながら、絶対に娘から奪うと決めた私でした。

エッチな気分になってきちゃったので、この続きはまたね。