あやかし緋扇小説60

陵の体を、優君にかしてから陵をまとう雰囲気が今までと違う気がする。

笑顔が笑ってるように見えない。

もし…優くんがそのまま陵の体を乗っ取ってたら…?

いくら優くんとはいえ、霊に体を貸したなんて、こんな非常識で危険なことをしてたなんてさくらちゃんには相談できない。

あたしは誰にも相談できずに1人で悩んでいると、陵が男子にからまれて校舎裏の人気のないところに連れていかれてるのが見えた。

嫌な予感がして、あたしは慌てて陵のあとを追いかけた。

すると、陵に絡んでた男子が真っ青な顔をして逃げていくのが見えた。

あたしに気付いた陵は、さもおかしそうに

「未来さん、あの人たちこんな木の根っこに驚いて逃げちゃったんですよ?おもしろいなぁ…」

とクスクス笑っていた。

あたしはとっさに陵が手に持っていた扇子を奪おうとした。

「なんですか?これは僕の扇子ですよ」

「違う!これは陵の扇子だ!」

「僕は僕だって言ってるのに…どうして信じてくれないんですか?」

次の瞬間、あたしは陵にキスされていた。

「ふあっ…んんっ…んっ!?」

校舎の壁に押し付けられて、深く口付けされる。

「まっ…待って!……りょ…ぅ…んっ!!」

唇を離そうとしても、陵はあたしの頭を抑えていて、唇を離せない。

そのうえ顎を片手で掴まれ、抵抗ができない状態となった。

あたしは唯一動く足をジタバタさせながら必死に抵抗する。

すると次の瞬間、口の中が変な感触に襲われた。

それが何か、あたしにはすぐわかった。

陵の舌だ……

(やっ…何これ!?こんなキス陵にされたことないっ!!いやっ!!嫌だっ!!)

あたしは必死に陵の体を叩いて抵抗する。

でも次の瞬間に、蔓のような触手があたしの両手両足にからみついてきて、あたしは校舎の壁に磔にされるように拘束された。

「暴れたって無駄ですよ。未来さん所詮は女なんですから」

陵ならこんな女の子を否定するようなことは絶対に言わない。

違う、やっぱりこいつは陵じゃないっ!

こんなヤツに負けるわけにはいかない。

そう決意した瞬間、また陵が深い口付けをしてきた。

ジタバタさせていた足も、触手に絡めとられて動けなくなり、あたしは陵のされるがままになった。

「ん…ふ……」

陵は舌を奥へ奥へと絡ませ、あたしの体はしびれ出す。

震えながらビクビクと反応する身体。

陵は一旦唇を離して、あたしを見つめた。

「声…出しても無駄ですよ───?」

抵抗できない状態にされて、あたしはどうすることもできない。

陵にとっては好都合みたいだ。

ニヤリと怪しい笑みを浮かべて、陵は無抵抗なあたしにまた深く、甘く、舌を絡めた。

「んあっ……や…ぁっ…」

くちゅ…ぴちゃ…という水音が響いてお互いの唾液が糸を引く。

「助けを呼んでもいいんですよ?僕が停学になってもいいんなら」

やっとあたしの唇を解放した陵が、あたしの耳元で囁いてきた。

「いいじゃないですか。僕たちいずれこうなる仲なんですから…ねぇ未来さん」

陵は、動けないあたしの制服の中に手を入れて、ブラの上から胸をさわってきた。

「気持ち良くしてあげますから…」

陵はいつもより違う笑みを浮かべて、そう言う。

身体は一瞬ビクリと反応し、顔はみるみるうちに真っ赤になっていった。

「ん…っ───」

嫌なのに触れられるところが、熱い。

「ぁ……りょ…ぉ…っ!…ゃ…ゃぁっ」

すると突然、変な感覚に襲われると同時に、身体がビクリと反応した。

「やっ!?…どこ触って……」

突然、制服のスカートの中に手を入れられ、下着の上から下半身を触られる。

「もう…黙っててください」

陵はそう言いながら、あたしの下半部に触れた。

「っ…!…」

陵はあたしの下半部に指を滑らせる。

緊張して震える手足は敏感になっていたせいか、ピクリと身体自体が反応する。

(陵…助けてっ!この体で眠ってるなら…お願い!どうか目を覚まして!!)

あたしは、体は抵抗できなくても、心だけは渡さないと必死に抵抗する。

「陵!!助け…んむうぅっ!!」

声に出して叫んだ次の瞬間、あたしの口の中に太い蔓が捩じ込まれた。

「んむっ!んーっ!」

それはあたしの口の中を犯し、いやらしく蠢いてくる。

噛み切ろうとして歯を立てたけど、ヌルヌルとしていて芯が硬く歯が立たなかった。

「声出さないでくださいよ、人がきちゃうじゃないですか」

陵は、ニコニコと笑っている。

だけど、感情のない冷酷さを感じさせるような笑顔。

「あっ!でも、僕と未来さんの濃厚なエッチを桜さんと龍羽くんに見てもらうっていうのもありかもしれませんね。どっちの方がいいかな~」

陵は1人で考えるような素振りをしたあと、

「やっぱり未来さんとの初めてのエッチはゆっくり楽しみたいので、未来さんには大人しくしていてもらいましょう!木の神… 句句廼馳命!」

陵の言霊を合図に、あたしを拘束している触手が蠢き始め、あたしは望まない姿勢をとらされた。

それは、校舎の壁に手をついて陵に背中をむけた姿勢だった。

身体をよじって抵抗しようとしてもどうにもならない。

それどころか逆に触手に脚を開かされ、陵にお尻を突き出すような姿勢にさせられる。

陵が動けないあたしのスカートの中に手を差し込んできて、下着を膝のところまで下ろされた。

(ダメ…こんなやつに奪われるなんて…お願い陵!!助けてっ!!)

陵があたしの腰を掴んでアソコにアレを触れさせるたびに、クチュッ、クチュッと水音が響く。

「いやだなぁ未来さん。だからさっきから僕だって言ってるじゃないですか。それに僕たちこうなる運命なんですから♡」

言うと同時に陵が腰を進めた次の瞬間、あたしの身体を衝撃が貫いた。

「んっ!!…んんんんーっ!!!!」

一気に挿入された陵のあれが、あたしの膣内を貫いてきて子宮の入口を突き上げられた。

全身を貫かれたような凄まじい衝撃に、あたしは瞳の焦点を失って絶叫をあげた。

「んんっ…!!んんんーっ!!!!」

「ああ~未来さんの中、気持ち良いです~」

陵は茶化したように笑いながら、勢いよくあたしのことを突いてくる。

「んんっ!!んんっ!!んんんーっ!!!!」

「未来さんっ!!気持ち良いですか!?」

念願を果た陵は笑いが止まらず、絡み付いてくる想像以上の名器に興奮しながら、夢中になって腰を前後に動かしあたしの濡れる膣内を激しく掻き回してきた。

「んっ…んっ…あんっ…あんんっ!!」

陵が突き上げる度に、あたしは自分の意志に反して甘く淫らな声をあげる。

柔らかい肉壁を掻き分けながら、勢い良く突いてくる肉棒に、精神も蕩けそうになり初めて味わう歓喜の波に押し流されていく。

あたしに密着する陵は、開かれた無防備なアソコにあれを目一杯根本まで捩じ込み、膣内の奥深くまで犯してくる。

口まで触手に犯されながら、あたしは涙を流すことしかできなかった。

陵に犯され続けるあたしは、意志とは反対に男の人の刺激を鋭く感じ取ってしまい、止めどなく溢れてしまう愛液が接合部からヂュプヂュプと濡れる音を立ててしまう。

「んんんんんっ!!んんぅ!!んんんんううぅーっ!!!!」

「もう出そうですぅ!!未来さんの中にたっぷり出してあげるんで、僕と未来さんの可愛い赤ちゃん産んでくださいね♪」

(やだ!!だめっ!!陵…助けてっ…お願い!!)

「あっ!イキますぅっ♡」

陵が射精したアレの先端から、大量の白濁液が飛び散り、あたしの膣内に注ぎ込まれる!

「うん゛んっ…ん゛んん…あっはぁぁ…あぁぁ…」

快楽に溺れたあたしは、膣内でドクドクと脈を打つ肉棒から吐き出された得たいの知れない液がお腹の奥を満たしてゆくのを感じ、触手を強く噛み締めながら、絶望のどん底に堕ちていった。