SEXにドップリ浸かった妻

私が勤めだした頃、先輩が「彼女はいるのか、いなければ好きな子はいるのか?」
なんて話をして来ました、

それまでに何人かの彼女はいたし、勿論SEXは経験済みだったがでも、案外長続きはせずその頃女っけは無かった、
で「気になる子はいないのか」と問われ、まああの子かな、と言ったらば

まあその先輩の行動の早さ?何とその子に私が貴女を好きだと言っているとか何とか言ったのだろうか?
次の日曜日にデートの約束を決めて来たと言われするしかない状況に追い込まれてしまった?

そしてその日何をしたのかも覚えていないのですが、夕食を食べ多少御酒を飲みさあ帰ろうかと
飲食街を歩くと、昔の話でその当時にはそう言う通路には連れ込み宿と言う昔の楼閣のままの宿があり

冗談半分で「入って見ない?」と言うと(いいよ)とばかり首を縦に振る!!
(えっ嘘だろう、まさか案外遊び慣れている女なのか?)とは思いましたがそうなれば入らない訳には行きません

一通りの手続きを済ませ布団に横たわる彼女を裸にし、股を開かせ陰茎を突っ込もうとしたら
「あぁっ!痛い痛い」と言い上に逃げようとします、しかしとうとう床の間に頭が当たり逃げられなくなった所で

両肩を捕まえぐいっと陰茎を差し込むと「きゃぁ~痛い、痛い」っと声を上げるので,まさかなとは思いましたが
射精し終わった私の陰茎、そして彼女の股を拭く紙には処女の印がハッキリと見えていました

それから数日後私の家と言うか社宅のこじんまりとした一軒家に彼女は来て又セックスをしましたが
まだ痛がっていましたが、驚いたのはその後の事でした

その後数日とは言わず、毎日のように私の家に来てはセックスを求めて、半月も経たずにオルガスムスを覚え
「こんなに気持ちの良い事がこの世に有るなんて知っていたらもっと早くすれば良かった」??

そしてそれこそ毎日のように来てはセックス、食事後もセックス、とうとう家に帰らなくなり夜中中セックス
当然彼女の親からどう言うつもりだ、と言われ私としては不本意でしたが結婚の約束を取り付けられました

まあ付き合い始めて結婚するまで1年近く、それこそ月経の日があったかも覚えていませんが少なくとも日に3回
多ければ6回以上、どう少なくとも年に1500回以上はしましたが、避妊はしたりしなかったり

でも不思議な事に妊娠はせず、面白い事に結婚してすぐ妊娠したのが、悪友連中にからかわれた事です
私はあけすけな性格で皆にしていることも隠しもしなかったからですが

しかし妻は私の倍以上助平です、私が望んでもいないのにフェラチオをして私の肛門にまで舌を差し込むのですから
そんな事は止めてくれ、と何度も言いました

又悪友夫婦が来て飲んで騒いで、布団を並べ寝るかと思えば互いにセックスをしだし
とうとう掛け布団も剥ぎ取り互いら夫婦のセックス場面を見せ合いながらのセックスを楽しんでいました。

家に帰れば、食事?御風呂?いや兎に角まずはセックスの日々でした。
当然のようにその悪友夫婦とはスワッピングするようになりましたが、妻はその相手とのSEXにのめりこんでいました

19歳から始まった妻の「オメコ狂い」は60歳前まで続きましたね、
最も私にはそんな体力は無く、悪友等任せでしたが。