温泉へ一人旅

先月の連休に栃木の温泉へドライブを兼ねて一人で行くと
 
ビジネスホテルのカウンターで午後3時ごろにチェック インすると、二人の女性も隣でチェック インしていて
 
その時は、年上だし それほど気になっていなかったけど、
 
美術館に時間もあったので行くとホテルで会った 二人の女性
 
一人の女性は小柄で細い 髪の長い女性 香水の プンとするのが 好み香りだったり
あ ホテルで会いましたね、なんて言うと
その小柄の女性の声も好み
帰りは同じホテルなので車で送りました。
 
ホテルで夜食事は、1000円支払うと バイキングが食べれる
 
アルコールも飲まないので ホテルで食事していると、またまた 彼女たちと出会って
彼女たちもアルコールは飲まないようでした
 
それがですね、食事を 終えてから 彼女たちは コンビニで買ってきている物で部屋で飲むようで
よかったら、飲みます と誘われるような 冗談のような
だって、自分は 男です
 
偶然なのか、同じフロアーだったのもあって、 2時間くらいだったし、彼女の一人の部屋にお邪魔しました
そうなんです、彼女たちも、シングル部屋なんです、で、そろそろ寝ましょう という話になって
 
自分と小柄の女性と、部屋を出て、とりあえず すぐ隣の部屋の小柄の女性の部屋まで一緒に歩き
 
軽く飲んだだけで、酔ってもいなかったのですが、小柄の女性の部屋に一緒に入ってしまい
 
彼女から、勿論、え なんですか え いやだわあ!って言われました。
 
キッスしたくなって、 と言い
 
ちょっと強引でしたが、小柄の彼女の部屋 すぐ 入ったところで
立ちながら抱きしめ 柔らかい唇にキッス
 
長い垂らした髪を撫で
背中を撫で
細い腰を撫で
スカートのお尻を撫で
 
ここまでは許してくれる範囲だったのでしょうね
 
お尻を撫でながら、スカートの下から手を入れ、下着のツルッツルしたスリップを触り そのままパンストお尻を撫でると
 
・あぃや 下着 いやあ ああぃや やめてぇ あああ ススカアアート 下から いや なにするの いやらしい!
 
女子アナウンサーのような高い力のある色っぽい声
腰を動かし 長い垂らした髪を振り乱し セクシーな雰囲気で拒もうとしている 彼女
シャツブラウスを脱がしてしまうと、たまらないセクシーなスリップ 上半身
 
ああぃや いや やめてぇ ください いや
 
抱きしめながら、ベットのほうに そのままゆっくり歩き動き
彼女がベットに座るように拒むけど
そのまま押し倒して、重なり 再びキッス、スリップ 胸はカッチリしたブラジャー快感
座って押し倒されて寝た彼女のヒール靴足は、床から離れ ユラユラ、ススカアアートの下から手を入れて 撫でる 彼女のピッチリした ツルリしたパンスト の腿 スリッ
プもツルツル
・あいや パパンスト そそこ 股 やっやめてぇ いや
 
細い彼女のパンストの股間、恥骨が突き出てて、色っぽい 股間 ツウルリ
 
ヒール靴が床から離れて ユラユラしているパンスト足、その足を広げて持ち上げて 自分の両肩に乗せ
彼女のヒール靴が背中にどんどん されても 気持ちいいい
かなり嫌がるように背中をヒール靴でドンドン
足を広げた、なんしろ、彼女のススカアアートの下から 頭を入れ パッパンスト 股間に唇で押していましたから
小さな細い黒ぱんてぃ 履いていました、のが透けるパンストごしに見え
・あぃや ああいや ああ スケベ いいいやあやらしいい ススカアアート いや パパンスト!
 
ヒール靴を脱がし 
いや いや やめてぇ
 
足もベットに乗せるように彼女の全身をベットに寝かせ
 
いや いや いや いけないわあ いや
 
ススカアアートも脱がしてしまうと、色っぽい スリップ姿、拒むような 色っぽい顔 声
 
かなり嫌がっていた雰囲気でも、上に重なり ベットは沈んだり 跳ね上がったり
スリップ紐を腕のほうに下ろし カッチリしたブラジャー 手触り 色っぽい
パパンストの下に手を入れ ビビキニ ツルリして 手触り 色っぽい セクシー エロぽい
声を強く出される彼女の顔もセクシー 色っぽい
 
いや いややや あああ いや パパンスト 下に あああ 手を 入れるなんて ああ いやらしい
 
パンストを強引に膝辺りまで下ろし、ブラジャー紐も肘のほうに下ろし、ブラカップから出る 乳首 を 吸い
ぱぱんてぃ ビキニの下に手を滑らせ ツルツル 脱毛した 彼女の股間
乱れたスリップ 下着
強く声を ああ って出される女性は初めて、声を抑える女性とは経験あるけど、声を ああ て突き出す声は 色っぽい
 
いや ややめてぇ いや いけないわあ いや ぱぱんてぃ 弄らないで あああ
 
ぱんてぃの下 深く指を入れると
 
あああ あああ そそっこ いや 指 いや ややめてぇ いっやあ
って強い 声を出されると もっと攻めてみたくなるような 色っぽい声と乱れたスリップに長い乱れた髪の顔
 
自分は 裸になり、彼女の色っぽい パンティ 黒ビキニも膝辺りまで下ろし、上に重なり
 
彼女の細い肉体に 乱れた 色っぽいスリップ 下着 ツルツルリ
 
・いや いィ入れないで ああいや 抜いて いや あああ あああ あああ
 
なんと強い高い 声で 嫌がる もだえる 声を 出される 女性
彼女の オオママンコに吸い込まれるように 入っちゃって 唇に包まれるような 彼女のまんこ 快感
沈むベット 跳ね上がるクッションのある ベットで 彼女のマンコに入れて 上下していると たまらない
 
今まで、普通にしていたセックスで、女性も唇を閉めて ウウムしていたのしか経験していなかったので
長い髪を振り乱し
彼女のように、いや ああいや あああ ああぃや いやっや いやああ
って 口を開けて 体の 喉の底から 大きな声を 出されるのは 初めて
 
手で拒むことなく 抱かれる彼女
いや あああ いや いや 入っているわ あああ
 
苦しそうな 強い 高い あああ している声
彼女は シーツを握るように 肉体を 緊張させ
いやあああ いや もう いや あああ
途切れ 途切れに 大きな 息を出すような 声 襲われているからか すごい もだえ声
 
僕も激しく マンコにピストン
あああ ヒヒイ ああ 私 人妻よぉ いや 結婚しているのよぉ いや あああ
 
それは、一緒に食事しているときも 飲んでいるときも 話をしているので 知っていた
でも そんな彼女、なんともいえない 魅力 セクシー 細い肉体 色っぽくて
 
いや もう いやあ ねええ いいや いいちゃうわあ いや イイイタ ああ あああ あぃや
すすごい 声を 出し切るような 高い エロ声 イイクしている声を出し エロい顔に乱れる髪
 
10分くらいかな、マンコに入れていたら、彼女 人妻さんですが
イイイタ って声を出したんです
 
そのまま 今度は 下向きにして
膝にパンスト ビキニが下がった、お尻がスリップで隠れていると、とってもセクシーな彼女のスリップお尻なので
お尻を突き上げるように腰を持ち上げ、パンスト ビキニは膝
スリップで隠れたお尻、下から突っ込んで ピストンすると
細い腰のスリップ スリップ お尻を振り回す 彼女の色っぽい 小柄の肉体
 
いややや いやああ あああ いやや いや ああああ いや 激しいわあ つらいわ いや 抜いて
 
抜いて 抜いて て二度くらい あああ しながら 辛い声を出していたので、抜くと
それにしても色っぽい 細いスリップ腰 ツルリ 小さな お尻にスリップも色っぽい
 
抜いて 言ったから 抜いたのに 入れて欲しがってきてしまっている 人妻 恵美さんでした
 
バックから 再び突っ込むと やっぱり柔らかい 彼女 人妻さんのオオママンコ
突き上げた お尻スリップを振り回しながら
ああ ああ いや つらいわあ いや いいっちゃあああ イイイタ いや あああ。
 
下向きで、頭を上げたり横に動かしたり長い彼女の髪が振り乱れるスリップ紐 ブラジャー紐が肘に下がり色っぽい 背中のブラベルトも色っぽい
バックから襲われると 感じて 気持ちいいのか、イイイタと声が聞こえた
 
・ふふ深く ああ 入れちゃうなんて いや ああ いやああああ ああああ
抜く寸前で、液が マンコに半分ほど出てしまって
あああいやああああ いや いいいいっちゃああ
 
なぜか、人妻の彼女と初めて会った日に、その夜に襲ってしまうだけでなく
液が半分出て、自分が言った言葉が、最高に気持ちいい。
 
上向きにして、乱れたスリップ 肘まで下がったブラ紐 スリップ紐、膝まで下がったままのパンスト パンティ下着の彼女の、上に、再び 重なり
 
スリップ骨盤を跨ぎマンコに吸い込まれるペニス、彼女のスリップ腰 下に手を入れて 腰を持ち上げ ママンコに突っ込んでいるペニスのまま 浮いた股間を上下させたり回
したりしていると
 
・いや あああ 入れたまま 腰 ああ股間 ああ 持ち上げられるの いや ああ いいちゃうう いや 待って いや イイイチャッタ あああ!
体の底から声が出るような彼女の すごい 力ある 出る 声
ああ ああ ああ ああ ああ いいっちゃうわあ あああ!
 
また少し 液が ビシュ。
 
抜くと、彼女はベットから降りて、スリッパではなく、ヒール靴を履き トイレ
 
トイレから戻ってくる彼女 人妻
乱れた垂らした長い髪に短いスリップにパンスト姿
 
・いや ああ いや ややめてぇ いや
 
立っている彼女のスリップ姿の後ろから胸を 股を握ったので 嫌がっていたけど
 
パンストの前に手を回し 下に手を入れて、パンティを撫で まだ湿っているんでしょう、 なんて 言うと
 
・あいや そそうよ あいや パパンティ いや湿っているわ いや
 
もう 一度 いいでしょう なんてお願いしてみると
 
立ちながら・そそうね いいわあ もう 一度 いいいわあ ああ!
 
立ちながら、そのまま彼女の後ろから パンスト ビキニを下ろし
ぼくはベットに座り、彼女を股間の上に座らせると、スリップ 内側でマンコに吸い込まれる ペニス
床から彼女のヒール靴は離れ、座ったまま、そのまま後ろに倒れると
上向きの 僕の上に、彼女が上向きで重なった状態でも、ペニスがママンコから抜けずに 気持ちいいいいい
彼女のヒール靴は 床から離れフラフラ、
 
・いや ああ こういうの 初めてなの いや ああ すすごい 入っているわ いや あああ!
と強い 辛そうな 人妻なのに、大きな 声を肉体の底から 喉から 出る エロ声
 
マンコに食い込んだまま そのまま腰を上下させると 上向きで上に寝ている 彼女
・ああ ああ 恥骨 ああ 感じる ああ いや ああ 股の骨が ああ いいわ ああ!
 
入れたまま、スリップ裾から股を撫でたり 指で刺激していると、かなり感じるらしい 人妻 彼女。
トイレから戻ってきて直したブラ スリップのスリップ ムラジャー胸を握ると
・いや ああ いいちゃうう ああ いや ああ イイチャッタ イク ああ いいいや ああ!
 
再び、ベットに彼女を寝かせ、スリップを脱がし ブラジャーを外し、パンスト ビキニを脱がし
 
いや いやらしいわあ この年になって 男性に あん パンスト ビキニ 脱がされるなんて ああ!
 
彼女は、もう 十数年も 旦那さんにも 他の男性との浮気もなく 抱かれていない セックスレスという会話を、飲んでいたときに エロ話として
三人でしていたり、一緒に来ていた 女性は 学生の時の友人で
独身で、年下の彼が昨年までいたらしいが、分かれた話をしていた。
 
その友人女性が話していたのが、女性って40歳過ぎから 感じるのよ、とか言っていたり 閉経しても 肉体 女性 すごいのよ
彼女は十数年セックスレスらしかったので ・え そんなに 感じるの 経験したいけど いないわあ!
 
友人女性が、ぼくを指指し 冗談で 彼 いいんじゃない、なんて冗談を言うし
 
彼女だって、いいわね そうね、なんて話を合わせて 笑っていたんです。
 
ベットの上の話に戻ります
・いや さっきの  話 本気にして いや 冗談でしょう いや!
 
何度 入れても、人妻の彼女のママンコ 柔らかな唇で包まれているようで
今まで経験した 独身の女性より 気持ちいいい 互いに裸になり 10分ほどし
 
・いや ああ あああ 感じるわ いや だめ いいっちゃう あああいや いいちゃった ああああ!
 
今度はぼくが 上向きに寝ると
なんと 彼女、ぼくの股間を跨いで マンコに自ら ペニスを握って 入れて
自分で腰を上下しては マンコでペニスを ジュポジュポ 深く入れたり 浅めに動かしたり
・ああ あああ ああ いいちゃう あああ!
 
小柄で細い肉体の彼女 長い垂らした髪を振り乱し 下を向いたり 上を向いたり 横を向いたり
口は 開けて ああ の すすごい 大きな声
 
ああああ イイク ああ いいちゃう ああいっちゃったわあ ああああ!
 
なんと リクエストしてきた 彼女
・入れたまま さっきみたいに 腰を持ち上げたまま 回してみて 気持ちよかったわ!
 
彼女を上向きにして、マンコに突っ込んで 腰の下に手を置き お尻と腰を持ち上げ ペニスでオオママンコ を回すと
 
・いいいわ ああ あああ ああああ いいぃっちゃああ あああ イイク あああ いいちゃった ああああ もと あああ!
 
彼女から、持ち上げられて動かされている なんとなく 自ら 食い込んでいるペニス 足を広げたりしマンコを動かしているようでした。
 
下向きでバックからもなんどもしました。
 
翌日、自分は、約束ししていた友達と会うので、彼女たちとは会わず、朝 早くホテルを出ました。
 
一緒に旅にきていた知人女性は東京で
人妻女性は横浜、ぼくも横浜
彼女とはラインでなくメール交換し、メールをする時間も決めて することになっていた。
 
人妻彼女から、メールが届きました
 
・先日 ホテルで初めて会ったのに 襲われレイプされた 恵美です!
 
挨拶で返信しましたが、なんという文を送ってくると思いました。
 
次のメールで、ドキドキするような文が届きました。
 
・ホテルで黒パンティ ビキニがなくて、もしかして 盗んだ 持ち帰っているかしら?
 
そうなんです、人妻」彼女が履いていた黒パンティ 脱がして、手に入るような小さなビキニで 香水も残ってて履いていた温もりがあり、盗んでいたのです。
 
・私の履いていた 黒シースルー パンティ持ち帰って なにしているの 弄っているの!って書かれているし
 
・もしかして 想像していたり いやらしいこと 思っていたり 黒ぱんてぃ 返してもらおうかしら!
 
そうなんです、旦那さんが、休みの日にゴルフ に行くらしく
自分も平日は仕事、日曜に会いました。
 
そうそう、彼女のお子さんは、今年社会人になり地方に行ったらしくて
平日の昼間は彼女だけらしく、年齢は、48歳です、自分は28歳で、20歳の年の差です。
 
昼前に待ち合わせ場所に車で行き
彼女のリーダーシップハキハキしている、・お食事しましょう!

1時間ほど昼食をし、そうなんです、彼女のぱんてぃ 持っていなかったのですが、返して、と言われていたし
彼女を乗せて、昼間から ホテルに行きました。
 
会ったときから、セクシーで魅力的と感じていたし、ワンピース姿もセクシーで 若い 48歳には思えないんです
 
それに、ホテルでワンピースを脱がれると、黒スリップ やたらと色っぽい 香水も すてき
 
・あの夜のように レイプするのかしら 襲ってくるのかしら いいいわ!
 
ベットに寝た、黒スリップの上に、裸になり重なると
すてきな香水 プン、ツルツルリした スリップとパンスト ツルリが、裸になった ぼくの全身にツルツルリと感じて 勃起
 
・ああ ああ 下着すがた ああ で ああ 襲われ 下着 乱されて されるの すすごく 感じたわあ!
 
やっぱり 唇は閉じないで、開けて 強い 声で ああ あああ と出され
嫌がるように顔を動かしたり なんとも 色っぽい 人妻 レイプしたくなるような 彼女。
勃起したペニスが彼女のスリップやパンストに触れて 気持ちいいいい
 
なんと、この昼に履いていたのは黒スリップ下から覗くと赤ビキニ ぱんてぃがパンストごしに見え
セクシーですね、とつぶやくと
 
・そう 気になるのね だから あの夜ホテルで黒ビキニ むすんでしまったのかしら 大丈夫よおぉ 気にしていないわあ!
・こんな人妻の履いている ビキニ ぱんてぃでも気にしてもらえるなんて 悪い気もしないし!
 
旦那さんに抱かれていたとき って やっぱり声 大きな ああ 出していたんですかあ、なんて尋ねてしまうと
 
・いやだわあ 主人とは 襲われる訳でもないし 普通に声 出さないかしら レイプされちゃうのだもの 大きな声 出すの 初めてよぉ!
 
え レイプされている そんな風に 思っているんでうすか、と話すと
 
・ああ そそお よ ああ パパンスト の下に手を入れて ああ ぱぱんてぃ 触ってるでしょう 私 結婚し 人妻でしょう
 
彼女の履いているパンストの下に手を入れるだけでも セクシー 手触り いい 色っぽい 赤パンティ
 
とつぶやくと、なんと 彼女も
 
・いやだわ 人妻 で ああ 20歳も年上の履いている下着・あ いやらしいわあ 弄ってるなんて ああ パパンスト の ああ 下に手を入れられ ああ ぱんてぃ 弄
られると ああ 声が 出る
わあ あああ!
 
恵美さんの下着 パンティだけでなく、ぜんぶ すべて スリップもパンスト ブラジャーも 手触りよくて 興奮してしまって、と言うと
 
・もしかして やっぱり 盗んだ黒ビキニ パンティ 弄っているのかしら いやらしいい ああ!
 
・ああそそこ ああ ぱぱんてぃ 上からでも そこ 股 ああ 膀胱 ああ ビンビンしちゃうわあ ああ!
 
もう我慢できなくて、パンストを膝まで下ろし、透ける赤ビキニ ぱんてぃを指で弄り 擦り
・ああ あああ いや ああ いや ああ かんじちゃう ああ!
赤 ビキニも下ろし マンコに 温泉ホテルから1週間ぶりに ペニスを入れると たまらない 気持ちいいい やっぱり唇に包まれるような マンコ
 
ああ こんなにふふ太いの 初めて ああ そそれに長いわ ああ 子宮のほうにまで ああ ツンとしてくるわあ ああああ 初めてだわあ し子宮まで 突付かれるの ああ!
 
黒スリップ腰の下に手を入れ 股間を持ち上げ 上下 回しては 上下していると
5分ほどで、大きな声 ああ あああ
さらに続けて 5分ほどしていると、
・ああ いや いや ああ いいちゃうっわ ああ いや いいちゃった ああ!
 
と言ったので 抜いて
一度 いいちゃった、ですか ぼくもよかった、と言うと
 
・いやだわ そうよぉ いっちゃたわ 一度じゃないわあ 何度も いちゃたわ。
すぐに入れて スリップ腰を持ち上げて ペニスを突っ込んでいるまま回したり 上下を続けていると
・ああ あああ いや ああ イイク いや ああいや いいちゃう いいちゃあああ ああ いや いいちゃった あああ もっと もっと あああ!
なんだか、腰を 股を上下していると、膝にパンスト ビキニが下がっているのに、恵美さんからも マンコを突き出して 回しているような
・ああ あああ いや いや ああ いや いいっちゃああ ああ いや。
 
パンストが膝に下ろされているままだと、足が自由にならず
ブラ スリップ紐を肘に下ろされていると 腕も自由にならず
手足が自由にならないと、彼女は、レイプされているのが 強烈な 雰囲気で やられているような感覚らしく
 
そうなんだ レイプ されていて 辱められているようで、と言うので
マンコから抜いて、スリップ紐が肘まで下ろしたので スリップも全体に 下げられるので、引っ張って 太股まで裾を下げ
お尻のほうも、太股 下のほうまで下ろし
黒スリップをピーンと下に引っ張り マンコはスリップで隠れ
そのスリップの下からマンコに指を入れて 弄ると、なんとも 色っぽい エロエロっぽい
 
いや ああ なにしているの あいや いや いやらしい ススリップで股 隠して ああ 指 入れて なにを すするつもり ああいや
 
そのまま上に重なると、もしかして 黒スリップごと 入っちゃうかな、と思い
 
いや いや やめてぇ いや ススリップ ごと ああ 入っちゃう 入れないでえ いや 入っちゃう ああ
 
少し黒スリップ ごとマンコにペニス 先が食い込み
・いや あああ すすりっぷ ごと ああ いや 入ってきているわあ あいや
 
ツルリお尻のスリップを持ち上げて 上下すると、徐々に 入っていき、お尻をベットに下ろしては 持ち上げ 食い込んでいき 5分ほど繰り返していると
人妻の彼女、すごい声 顔を横に動かしては 顎を上げたり 険しい 色っぽい顔 髪を振り乱し
 
いや ああ いや ややめてぇ いや ああ イイク あああ いっちゃった あああ
 
え と思ってマンコから抜いて、光沢黒スリップが マンコに食い込んでいた 跡
そのまま今度は、指でスリップ ごと入れてみると、腰を持ち上げて 動かすと
色っぽい エロぽい、黒スリップ お尻のほうがヒラヒラリ 
ツルツッリしたスリップの股間 ツルツルリ マンコに入った指も ツルと感じる
 
・いや ああ いや そそんなに ああ 股に 顔 ああ 近づけて ああ 見つめないで ああいや
 
黒スリップ ごと指で突っ込んだ 彼女の股に顔を近づけ 香水を香り、股を見つめていたので 恥ずかしがって 険しい顔と 声
 
いや ああ いや あああ イイク ああ 見られて いや いいちゃった あああ いや あああ!
 
彼女の黒スリップ股から数センチの近くで見つめ、指でスリップ ごと食い込んだ股を持ち上げたりしていたので
それにパンスト ビキニも膝まで下ろされていたままで、彼女は猛烈に辱められながら、興奮してしまったみたい。
 
でも イイクしたし、今度は下向きにし
 
いや ああ ややめてぇ いや 後ろから いや ススリップの縫い目が あるし いや ああ!
 
でもススーとマンコにスリップごと食い込んで、そのままグイイグイイ 回したり 黒スリップお尻を持ち上げるように突き上げて 回し
 
ああ いやああああ いや イイクわあ いやあああ いいいぃっちゃったあぁ あああ!
 
細い肉体 細い腰 エロぽい声、色っぽい 背中のブラベルト
 
抜いて、スリップもマンコから出して 生で ピストン
 
いやあああ イイクイイクっわ あああ あああ!
そのまま広いベットだったので、半回転すると
上向きになった上に、彼女も上向きで ぼくの上、マンコにペニスは入っているまま
 
いやあああ 気持ち いい あああ 感じる ああ いや イイク ああ いいちゃったああ。
僕も、そのまま半分ほど液が 彼女のマンコにびしゅ
上向きで、僕の上に寝ている彼女の マンコが
ネッチャネッチャンしてきて、人妻 48歳とは思えない 彼女の オオママンコ。
 
文が長くなりましたが、あまり書くのも読むのも 大変でしょうし
裸にして、彼女は上に乗ったり して 興奮していました。
 
帰りは、彼女、ぱんてぃの着替えを持ってきていて
プレゼントされてしまいました、この日 履いていた 少し湿った赤 透けるビキニ ぱんてぃをです。
それと、パンストも着替えを持って 履き替えていたので
パンストまでプレゼントされました、よい香水の温もりがありました。
家に帰ってから、楽しみました、一人 夜 興奮できました。
 
人妻 彼女と これで 別れるなんて さびしいな もっと付き合いたいな と思っても 言えずにいたら
 
彼女から
・閉経した 私の肉体、激しい 興奮する肉体に開拓されてしまって これから どうしてくれるの と言われ
 
週に一度 ぼくも 会いたいです、と言うと
 
・いやらしいいわ また 私を襲って レイプし もっと激しい肉体開拓してくるのかしら、いいいわ 楽しみにするわ。
 
彼女の 大きな あああ あああ 声と顔は、なんとも 襲いたくなるんです。
 
ぼくも、彼女も ちょっと驚いたことがありました
 
それは、彼女の口から
 
私 襲われ レイプされ、こんなに性癖 ドドエム って思わなかったけど かなり強烈Mだわ
ススリップ ごと 指で 入れられ 動かされて 股を見つめられていたら
いぃっちゃたりしてても 辱められているのが 快感だったりしていたわあ。
今度も 大きな声が出てしまうほど、辱められてみたいわあ。