禁断の父と娘

今夜も父は私の身体を奪つて行きました。                                    以前は避妊具を使用していましたが最近では中出し三昧でいつ妊娠してもおかしくない状態です。  私は現在高2の17歳で深雪と云います、父は中1の時に私を女にしました。               母が法事で留守の時でした、殆んどレイプに近い、暴力的なもので抵抗など出来ませんでした・・・・・「 母さんには云うんじゃないぞ・・・深雪はもう、俺の女だ、これからは気持よくしてやるからな 」   父が私を犯した時に云つた言葉でした・・・・                                    それからはもう、父の為すがままでした。    生理の時以外は貪るように私を求めるようになり   私の身体を開発していきました、お尻の穴を舐められ、陰毛も剃られ、父のふといチンポを咥えるようになり、いつしか私は 「 父さん・・・気持いいよう・・・オマンコ良すぎるよう・・・・ 」 と ふしだらな言葉を吐く女になつていつたのです。                                         母を裏切る背徳行為に戸惑いながら、父の熱い精子を子宮で受ける私はもう、父無しではいられぬ 身体になり、今では自ら、父の上に跨り、唾液を飲ませ、腰をグラインドさせて快楽の渦へと・・・・・  「 ああ・・・可愛い深雪・・・俺の子を産むんだ・・・・ああ・・・イク・・・・ 」                   父は私に子どもを孕ませようとしています。                                    「 ええ・・・私も父さんの子供、産みたい・・・・ 」                                 許されない禁断の甘い密を啜りながら夜は更けていきました・・・・・・・・・