高校2年の恥ずかしい思い出です。

自宅から高校までは15㎞程で1年生の時は、自転車で通学しました。
当時は16歳で自動二輪免許を受験出来ましたので、誕生月が過ぎた夏休みに
自動二輪免許を取得した。
当時の実技試験は簡単で、富士重工(スバル)製のスクータ(250㏄かな?)で
変速は左グリップを回しH・N・Lに合わせ、アクセルを吹かせば走り出します。
(変速2段・遠心クラッチ)簡単です。

高校2年から親に買って貰った通学用の単車で、通学していました。
1月の曇り空の寒い朝、何時もの時間、愛車で慣れた道を・・幹線道路との交差点を、
信号に従って右折した時、左からの車に跳ね飛ばされた。
後日、警官の事故状況を聴取された時、警官の話では「目撃した通報者は「即死だ~」と
叫んで通報したらしい!
跳ね飛ばされたが骨折もなく裂傷と全身打撲で立てなかったし(2週間程)歩けなかった。
近くの病院に担ぎ込まれ入院し、傷の手当、全身のレントゲン検査・・院長先生から
結果を聞いた。・・両足の裂傷と打撲だけで、何処も骨折していない・・奇跡だ!
でも2週間、全く歩くことが出来ず寝たきり・・寝たきりだと困るのが下の始末・・
オシッコは尿瓶に・・ウンチは「おまる」で・・

担当の看護婦は、20代の清楚なお姉さん・・便秘で1週間、排便出来ず・・
お腹が膨らみ、食欲も無くなった。
毎日、担当医の問診と傷の手当を受けていたので、恥ずかしさを堪えて
「先生、便秘で腹が膨れ食事も欲しくない・・苦しい・・気持ち悪い」
担当医は笑いながら担当看護婦に「浣腸してあげて」・・看護婦も笑っていた!
夕食後(食べられなかったが・・)看護婦が部屋に来て
「浣腸するから俯せに・・膝を立てて・・肘でささえて・・そうそうワンワンスタイルね~」
パジャマとパンツを下げられ尻丸出し・・恥ずかしくて赤面・・尻穴を指で擦られ「ビクン」
穴に力が入った。
看護婦さんは「楽にしてね~力抜いてね~」 何やら穴に刺さった・・穴から生暖かいものが
入って来るのが解った・・穴から抜かれ「ズズ~」と音がする・・叉、穴に刺され
生暖かいものが・・看護婦は「ハーイ、終わりだよ~・・出たくなっても我慢してね~
オナラも駄目よ~・・15分後に来るから、オマルにする・・それともトイレに行く?」
「トイレに連れて行って下さい。」
看護婦は、今まで見た事もない太い注射器(針は無かった)を持っていた。
「尻に何を入れたの~!」「ぬるま湯に石鹸を溶いだものだよ~」

下腹は「ギュル・ギュル」と、音を立てる・・オナラしたい・・ウンチ出たい・・苦しい!
看護婦はタオル、洗面器を持って来た。・・「ハーイ、立ってみる」 立つと膝がガクガク、
痺れる。
歩く事は無理みたいだから「這って」行きます。・・部屋を出て廊下を30m程、
這っていると「ウンチ洩れそう・・我慢・我慢」
当時は洋式便器が少なく、殆どが和式便器だったが看護婦さんは、洋式便器のトイレを
探した。 
洋式便器のドアの前まで来ると看護婦さんは「良く頑張ったね~」と言って、
パジャマ、パンツを脱がされた!
看護婦さんは「一寸待ってね~タオルひくから」
看護婦さんに抱えられ(私は身長175cm/看護婦さんは160cm?かな?)便座に座らせて
くれた。 
看護婦さんはドアを閉め、前に立っている!チンチン、モロ出し!
恥ずかしさで赤面だが、苦しさでチンチンは縮んだまま・・オナラが「ブリ・・ブヲー」
と同時に「ドド~」お腹が凹んでいくのが解る・・臭い~!
看護婦さんは手を伸ばしレバーを押して流してくれた時、オッパイの膨らみが顔面に触れる!
看護婦さんは「どう、終わり・・未だ出る?」「未だ出るみたい」「そう」
3発目のオナラが「ブヲ~」ウンチが「ドドォ~」さっき迄の苦しさは・・
爽快・・爽快! この世の春だな~!

看護婦さんは「沢山出たね~1週間分のウンチかな・・」手を伸ばして、レバーを
押す時、顔面にオッパイの膨らみが・・不覚にもチンチンはフル勃起・・看護婦さんは
「アラ~ウンチ出たら元気になったね!」恥ずかしさで冷や汗が出る始末!
看護婦さんはドアを開け、抱えられ「タオルの上にワンワンスタイルになってね~
お尻拭くから~頭は便器の方ね~」(当時、ウォシュレットが無かった!)
看護婦さんは尻をトイレットペーパーで拭き、濡らしたタオルで拭いた時、玉袋に
触れた。 
体中に快感が走り「ビュービュービュ~」と射精してしまった。
看護婦さんは「アラ~アラ~出ちゃった、こちらもスッキリした?・・未だ、
経験無いのかな~?」
ビンビン勃起ですから精液は体、パジャマに付いてしまった。
「ハイ童貞です、男子高だし、単車で通学しているので、女子高生と話した事も
有りません」
尻を拭き終えるとパジャマを脱がされ、体に付いた精子を拭きとり
「パジャマにも付いちゃったね~部屋で着替えようか!」
パンツ、パジャマを整え、這って部屋に戻り着替えさせて貰った。
若かりし頃の恥ずかしい思い出です。