【睡姦】職場の打ち上げでめっちゃ酔っ払った先輩を家まで送ってった

先月末の金曜日、同じ課の打ち上げでえらく酔っぱらった西内まりや似の女の先輩(26)を、家が同じ方向の俺がタクシーで送った。

彼女のアパートの前で降ろして、俺はそのままタクシーで帰るつもりだったが、あまりに酔い方がひどく、しかも先輩の部屋は階段を上がって3階という事もあって仕方なく俺がタクシーの料金を払いおぶって上る事に。

担当が違うため普段あまり話す事がない人だったので、いきなりおぶるのも・・・って気がするので

「じゃあ、おんぶしますからね」

と言って背負った。

166センチ、60キロ近い体重の彼女を普段相手にしている俺にとって、この先輩は身長が155センチちょっとぐらいと小柄なだけに、意外と軽い。

「多分40キロ台なんだろうな」

なんて考えながら、でもかなり汗だくになって階段を上った。

一段上る事に、先輩がずり落ちてくる。

たまに止まっては

「よっこらしょ」

と持ち上げ直すのだが、その度に背中に胸の膨らみをなんとなく感じてしまう。

ハンドバックから部屋の鍵を出してドアを開け、2Kのアパートの寝室のベッドに先輩を下ろした時には、俺のチンポはもうギンギンな状態になっていた。

「大丈夫ですか?」

声を掛けても、辛そうに大きく呼吸するだけで相変わらず返事はない。

部屋の電気を点け、

「シワになっちゃうから、脱いで下さい」

と声を掛け、彼女のスーツを脱がせようとしても全然抵抗しない。

俺はスーツの片腕を抜くふりをしながら、右の手の平でさりげなく先輩の胸を触ってみた。

ブラウスの下に、レースのブラの感触。

小柄なのに、俺の彼女の胸よりずっと大きい。

乳首の辺りを触ると、先輩は微かに反応し、ほんの少しだけ喘ぎ声を上げた。

そこでもう、俺の自制心は完全に切れてしまった。

軽くキスしてみる。

彼女はかなり酒臭かったが、こっちも酔っているのであんまり関係ない。

もう一度、乳首を刺激すると、舌を入れて絡ませてきた。

「犯っちゃってもいいよね」

そう俺の心は決まった。

ブラウスのボタンを、右手で1つずつ外していく。

下まで全部外しきると、次はスカートのファスナー。

スカートを下ろし、ストッキングとショーツを一緒に剥ぎ取ると、あそこはもう十分過ぎるほど濡れていた。

指で刺激すると、先輩は次第に喘ぎ始めた。

右手であそこを攻めながら、左手でブラウスとスリップを順番に脱がす。

先輩は声を上げて喘ぎながらも、ちゃんと背中を左右交互に上げてくれる。

まるで自ら脱いでいるみたいだ。

背中に手を回し最後に残ったブラのホックを外すと、また彼女は上手く肩を浮かせてくれた。

先輩も抱かれたいと思ってると勝手に解釈する。

手に取ったピンクの可愛らしいブラ。

俺の彼女のと違ってパッドが入っていない。

タブをみると70Dの表示。

「凄い」

思わず息を飲む俺。

改めてベットに横たわる先輩のカラダを見ると、彼女との差を実感した。

胸のボリュームは、彼女の3倍はある。

芸能人並に整った顔立ち。しっかりと割れた腹筋。締まったウエスト。細くまっすぐな脚。

「綺麗だ…」

俺は溜め息をつき、大急ぎで服を脱ぎ、電気を消した。

その1-2分の間に、先輩はもう寝てしまっている。

俺は構わず先輩の股の間に入ったが起きる様子はない。

脚を開かせると完全に勃起したチンポの先端をあそこに押し当て一気に挿入した。

あそこは十分に濡れていて2度ほどのピストンだけで奥まで入った。

先輩はびっくりしたように目を見開き、

「なに!?なに!?だ、だめ!やめてっ!」

と激しく抵抗した。

必死に俺を押し戻そうとして胸や腕に爪を立てるけどもう遅い。

先輩の手を押さえつけて少しだけ腰の振りを強めると

「うううぅぅーっ!!」

と喘ぎなのか泣き叫んだのかわからない声をだして先輩のカラダから力が抜けた。

俺は酔うと遅漏になるし、大きさもかなり自信がある。

バックに切り替えて奥を攻め始めると、先輩は大きな喘ぎ声を上げた。

「凄いおっきい!凄い当たる!もうダメ!ほんとダメっ!いやぁぁーっ!ダメダメダメっ!!」

と叫ぶ。

耐えられず倒れそうになる先輩を、俺は激しく揺れる豊かな胸の膨らみを掴むようにして支えた。

時々、俺は先輩の尻を叩き、先輩はその度に

「あうっ」

とか

「うぅっ!」

という叫び声をあげる。

何度も体位を替えては攻め続け、3-40分もしただろうか。

先輩はもうカラダの力が抜けきっていて、立ちバックで突くとどんどん崩れ落ちていく。

「そろそろいいかな」

俺は先輩の腰を両手で持ち上げて固定し

「じゃあ、行きますよ」

と声をかけた。

涙とヨダレを垂らしながら小さく頷く先輩。

俺は、削岩機のように突き始めると同時にベットの脇にあったデジタルの目覚まし時計を見た。

いきそうになるのを我慢するための癖だ。

秒数を頭の中でゆっくり数えると、イクのが遅くなる。

60秒。そして1分半。2分。2分半。

足腰の筋肉にどんどん乳酸が溜まっていくのを感じるが、凛とした白い綺麗な脚がガクガクしているのを見ると、俺はますます興奮してさらにペースを上げる。

「壊れちゃうよ!!!壊れちゃう!!壊れちゃう~っ!!お願いだからもうやめて!」

「もう無理っ!ああっ!あうっ!!ああぁっ!ダメ!イくっ!またイくーっ!!」

「気持ちいいのっ!死ぬ!死んじゃうからもうやめて!あああーっ!!」

「お願い!やめてっ!ダメっ、ダメっ!あっ!イクっ!またイクッ!イヤあぁぁーーッ!!!!」

部屋の中に響き渡る先輩の悲鳴を心地よく聞きながら俺は3分後きっかりに先輩の中にたっぷり射精した。

俺は、脱力して激しく息を荒げる先輩をベッドに投げ捨てると、急いで服を着て退散した。

週明けの月曜日。

出社すると、フロアの遠くから先輩が俺をチラチラとみてくる。

慌てて目をそらす俺。

怒ってるだろうか…。

夕方、先輩が俺のデスクに寄ってきた。

「ちょっと、いい?」

事務的な言い方。

「やばい…」

俺はすっかり青ざめていた。

待ち合わせた会議室に向かうと、背中を向けて先輩がいた。

先輩は、窓の外を見たまま話した。

「だいじょぶだよ。安全日だったから」

「ダメだ…やっぱり全部覚えてる…」

俺は咄嗟に

「すみませんでした」

と頭を下げた。

先輩は振り返ると、悪戯っぽい笑顔を浮かべていた。

「別にいいよ、気にしないで。でも、責任取ってね」

意味が理解できないでいたが

「超よかったから。ちゃんと付き合ってほしいんだけど…」

恥ずかしそうに、先輩は言った。