隣の人妻

僕は自宅が狭いため勉強部屋代わりに近所の安アパートに入り食事入浴などを自宅で済ましている受験生です。安アパートはいいけれどボロです。ボロアパートでもいいけれど隣室の話し声が丸聞こえです。


僕の部屋が1号で、隣室の2号には若い夫婦が入り、その次の3号には耳の遠いおばあさんが1人暮らしをしています。隣の旦那は毎日早く帰ってくるのですが凄い好き者ですぐ奥様とセックスを始めます。もう夜は奥様のあえぎ声が僕の部屋に響きます。


僕はあちこちの女子高の学園祭を回り恋人を2人作りました。そして学校帰りに彼女達を僕の部屋に呼び、奥様の声を聴かせました。女の性欲は伝染するのか隣があえぎ始めると女の子はもじもじし始めます。


そこでキスをして愛撫をしながら裸にして2人から処女を奪って自分の女にしました。いや受験勉強と自分の女2人とのセックスは忙しいです。毎日のように奥様の声をBGMにして彼女らと楽しいセックスをしていました。


ところが隣室に赤ちゃんが出来てから子供の泣き声はとどろきますが、彼女のあえぎ声はぷっつり途絶えて数カ月が過ぎました。旦那の帰宅も遅くなりました。旦那が外に女を作って奥様を放り出しているのが明白でした。


そこでお慰めしようと思い立ちました。今朝隣の旦那が出勤したのを確認して隣室を訪ねました。出てきた奥様を捕まえるとディープキスを御馳走しました。彼女は口では「何をなさるの?」とムッとした感じでしたが何と僕の腕を引いて室内に引き入れてニッコリ笑いました。


奥様はジッと僕の股間を見つめるので思い切って裸になっていきり立つペニスを見せました。すると奥様はその前にひざまずき「ああん、美味しい。ずっとこれが欲しかったの。」とフェラチオを始めました。彼女の衣類もすべて奪い全裸にしました。


美味しいフェラチオのお礼に自分の女にしているいつものクンニを御馳走しました。「ああ、凄い。もっとこねくり回して。」とクリトリスを舐めると注文されました。そして僕の極太ペニスをとると盛りまくった膣に引き込みました。


「突いて。沢山突いて。ペニス最高。中に濃いのを沢山ぶちまけて。」と言われて必死に腰を振って生中出しを生れて初めて経験しました。「若いのだから、もっといっぱいできるでしょう?」と結局6発全部生でさせられました。「必ずまた来ますから。」と約束してやっと離して貰いました。


出産後の奥様は完全に貞操観念が崩壊していると思いました。「また来てくれないと彼女が遊びに来た時に今日の事をばらすわよ。」と脅しもかけられてしまいました。今日は午後から女がセックスに来る予定です。何とかそれまでに精力を立て直さなければなりません。