恐怖の親子丼

僕は4月から大学1年生になります。このサイトには僕の大学の先輩が多いとの話です。どうぞ皆さま宜しくお願い致します。僕の大学は特に女子大の学生にもてるそうですが、僕には決まった彼女がいるのでその恩恵はないようです。でもあれだけの美人で頭もよく性格も文句なくて僕に従ってくれる女性は他に考えられないので僕は満足です。

僕と彼女は高校2年の時に初体験を済ませて彼女の家で一緒に受験勉強をしてお母様が買い物に行くとセックスを楽しんでいます。彼女のお父様は高校の先生で美人の良く出来た彼女を卒業と同時に娶ってしまいました。だからお母様はまだ37歳です。歳の差婚で彼女に兄弟姉妹はいません。

大学受験も終わった春休みのある日、お母様は買い物に出られたので彼女とすぐ彼女のベッドで交わりました。全力のセックスです。ところがお母様はお財布を忘れた事に気が付き帰ってきました。夢中で交わっていた僕も彼女も気が付きませんでした。一部始終を見られてしまいました。

お母様に「あなたたち何をしていたの?」と静かに聞かれましたが答える事が出来ずうつむくだけでした。「お父様の耳に入ったら別れさせられるわよ。」と言われました。次の瞬間若いお母様は信じられない言動に出ました。服を脱いで全裸になりベッドに入って来て「私にも娘と同じことをして頂戴ね。」と言われました。

赤い顔を黙って僕を見つめている彼女の目の前でお母様と必死に交わりました。彼女は「あなたの種汁を私の中に一杯出して。でも娘の中にはまだ出してはダメよ。」と言いました。彼女にお母様は「いいこと。これからは私に無断でセックスしてはダメよ。私も入れて。」と厳しく言いつけました。

それから彼女とお母様の2人を相手にするセックスライフが始まりました。彼女の家に行くとお母様がニコニコ出迎えてくれて寝室の大きなベッドにっ彼女と僕をいきなり通して服を脱ぎ始めました。僕らも従って全裸になってベッドに入りました。彼女は若くてうぶな体や女性器が魅力です。お母様はフェラチオなどのセックステクニックが魅力です。

僕は恐怖の親子丼から逃れられなくなりました。お母様によってテクニックや持続時間を磨かれると彼女は素直に喜びました。下手なセックスをしていた僕達はお母様のアドバイスで急激に上達して美味しく交わる事が出来ました。高齢のお父様の精力に不満だったお母様も若いパートナーができてご機嫌です。

いつの間にか3人でのセックスが当然と言うのか当たり前になりました。もう後戻りはできません。僕は大学を卒業したら就職してすぐ彼女と結婚したいです。でもどうなっていくのかこれからの人生が不安です。