誰にも言えない秘密

僕は30代の一児の父です。

夏休みになると思い出す、妻にも言えなかった高校2年の夏休みの話を書きます。

事の始まりは春の修学旅行でした。

修学旅行の服装は普段の制服とは違い、動きやすい私服を着て行く事になっていました。

僕はイケてる男子ではなかったので、ジーパンにパーカーの組み合わせの地味な格好をしていました。

そして、事件は旅行の2日目に起こりました。

僕は朝起きて、パジャマ代わりのジャージから私服に着替え様とすると、替えのズボンが自分の物ではない事に気づきました。

僕は間違えて姉のズボンを持って来ていました。

しかし、姉のズボンの見た目は、いつも穿いている自分のズボンと違いがなかったので、僕はそのまま姉のデニムを試しに履いてみました。

すると、姉のデニムはサイズ的に問題なく穿くことが出来ました。

しかし、姉のデニムは男物のジーパンとは微妙に作りが違い、チャックが上の方に付いていたり、ピッタリと体に張り付くデザインだったりしましたが、同室の友達は僕の格好を見ても、特に何も言わなかったので、僕は姉のデニム姿で集合場所のホテルのロビーへ行きました。

そして、僕がロビーで友達とお喋りをしながらバスの到着を待っていると、僕の後ろで女子達がクスクスと笑っている事に気付きました。

僕が振り返ると、普段、話をした事のない女子が
「○○君、それって女物なの?」
と笑いを堪えながら言いました。

僕は誰にも気付かれないと思っていた、女物のズボンを穿いている事を、一瞬で女子達に見破られていました。

僕は嘘を付いても直ぐにばれると思い、間違って姉のズボンを持って来たと言うと、彼女達は笑い出し
「でも、凄く似合っているよ」とか「脚が細くて羨ましい」
と言いながら、僕を取り囲んで話をしました。

すると、他の女子達も僕の周りに集まって来て
「○○君って、痩せているし肩幅も狭いから、女の子の洋服が似合うね!」とか
「お尻の形が女っぽいね」とか
「顔も女っぽいし、今流行りの男の娘みたいになるんじゃない?」
と言って盛り上がっていました。

同時のテレビ番組で、男性芸能人が綺麗な女の子に変身する番組が話題になっていました。

僕は女子にもてた事がなく、こんなに多くの女子と話をする事が初めてで、その日は、別のクラスの女子達も僕に話し掛けてくれて、最終的には皆から
「可愛い!」とか「スタイルいいね!」
と褒められました。

その日の僕は、人生最大のモテ期が到来していて、着ていたパーカーを女子のパーカーと交換すると、女子達は更に盛り上がりました。

女物のパーカーも姉のズボンと同様に、男物と大きな違いはありませんでしたが、微妙にデザインが違い、僕の見た目を更に女らしくしました。

気分が良くなった僕は、残りの修学旅行の日程も、より女らしい洋服を借りて過ごし、男子と喋るよりも女子と喋る時間の方が長くなりました。

それに、女物の洋服を着ていると女子達との距離が近くなり、僕の体におっぱいを密着させて来たり、キスが出来そうな距離に顔を近付けて来たりしました。

僕は女の子の体の感触を感じ、匂いを間近で嗅げる事で興奮しましたが、体に密着した姉のデニムお陰で、アソコが潰されて股間の形が変わる事はありませんでした。

僕はアソコの血管が圧迫されていると、興奮しても勃起しない事を初めて知りました。

すると、女子達は調子に乗って、僕の腫れぼったいまぶたを二重にしたり、リップグロスを塗ったりして、僕を女らしくして遊び始め、その度、僕の事を可愛いと言って盛り上がっていました。

そんな様子を見ていた男子達も僕に嫉妬する事はなく、僕の下の名前をもじって僕を「ゆうこ」と呼び
「ゆうこちゃん可愛いね!」
と言って盛り上がっていました。

しかし修学旅行が終わると僕のモテ期は終了し、普通の男子に戻ってしまいました。

それからの僕は、女子達の体の感触や匂いを間近で感じていた修学旅行の思い出をおかずにしてオナニーをする毎日を送りました。

しかし、数日後の放課後に、僕はクラスの女子達に呼び止められ、女子の制服を着てほしいとお願いされました。

僕は女装をすればもう一度、女子達の体に密着出来るかもしれないと思い、嫌がる振りをしながらもセーラー服に着替える事にしました。

帰宅部の僕は、女子達と裁縫教室へ行き、奥の和室で男子の制服を脱ぎ、セーラー服に着替えました。

女物のズボンとパーカーでさえ女らしく見えた、僕のセーラー服姿は更に女らしくなりました。

僕は、女らしさとは、低い身長とおっぱいの膨らみと長い髪の毛だと思っていましたが、背が高く平らな胸に短髪なのに、狭い肩幅と大きなお尻のお陰で、僕は違和感なく女に見えました。

僕は帰宅部の地味な男でしたが、セーラー服姿の僕は、活発なスポーツ少女の様な印象に変わっていました。

すると、僕のセーラー服姿を見た女子達は盛り上がり、僕の事を可愛いと言いながら、僕のスカートの位置を調整したり、アイプチで目を二重にさせたり、カツラを被せたりすると
「凄い!やっぱり女にしか見えない」
と言って抱き着いて来ました。

僕は女子達のおっぱいの感触を腕で味わい性的に興奮して来ました。

更に、僕に異性を感じていない女子達は油断をしていて、股を開いて畳に座っていたので、パンツがチラチラと見えていました。

僕のアソコは、圧迫されている状態ではなかったのでビンビンに勃起してしまいました。

僕は、アソコが勃起している事を女子達に気づかれない様に、さり気なく太ももに手を置いてスカートの前が膨らまない様にしたり、股間が見えない様に膝を閉じて座ったりしていると、女子達は僕の仕草が女らしいと言ってくれました。

その後も裁縫教室で女子達とお喋りをしていると、恋愛の話題になり、恋愛対象を聞かれた僕は、恋愛対象が女だとばれると、女子達から体を密着されなくなると思い、話の流れで男が好きなゲイを装う事にしました。

僕は女子達とのお喋りを楽しみ、家に帰ると彼女達の体の感触や、パンチラを思い出してオナニーをしました。

彼女達は僕を女装させる遊びを気に入った様子で、その日から放課後はセーラー服姿で過ごす様になり、僕は彼女達の話について行く為に、興味のない恋愛ドラマや、勧められた少女漫画を読んで、彼女達と女友達の様な関係になりました。

やがて、裁縫教室の中だけでの女装がエスカレートし、学校の廊下を女子達と一緒にセーラー服で歩く様になり、すれ違う生徒を騙す遊びをしました。

その頃になると僕の女装も完成度が増し、自分でメイクが出来るようになったり、ヌーブラでおっぱいの膨らみを作ってブラジャーをしたり、ガードルでアソコを圧し潰したり、更に、女の子達と長い時間一緒にいたので仕草や歩き方も女らしくなっていました。

また、女子としての交友関係も広がり、高校入学の時から憧れていた女子とも体を密着させてお喋りが出来る関係になりましたが、女装をしていると見た目だけではなく、心にも変化が現れ、今までは可愛いと思っていた女子を見ても、自分の方が可愛いと思ったり、ブスな女子を蔑む様になっていたりしました。

やがて、狭い学校内の事なので、僕が放課後に女装している事は直ぐに噂になり、僕のセーラー服姿を見たいという人が増え、授業中も女装する事になりました。

当然、先生から注意を受けましたが、周りの友達が、僕が性同一性障害だと言って庇ってくれて、学校に文科省から性同一性障害の生徒への扱い方に関する通達もあり、僕の女装は黙認される様になりました。

学校内で常にセーラー服姿で生活する様になった僕は、友達が一気に増え、女子達とドラマの話で盛り上がったり、ふざけた男子達から抱き着かれたり、スカートを捲られたりして遊んでいました。

しかし、テレビの影響なのか、僕は「オネエ=男好き」と思われ、男子達の僕に接する態度が徐々に変わっていきました。

そして、ついにあの日、僕の転機になる事件が起こりました。

その日の僕も、女装をして女友達と放課後の廊下を歩いていると、ハンドボール部の同級生に声を掛けられ、女友達に
「告白されるんじゃない?」
と冷やかされ、女友達に待ってもらい、一人で彼の後について男子ハンドボール部の部室まで行きました。

部室には、もう二人部員がいて、僕は3人の男子達に
「本物の女より可愛いな~、俺、ゆうこちゃんだったら全然いけるよ!」
と言われると、彼等は僕のスカートを捲って遊び始めました。

すると、一人の男子のジャージの股間が膨らんでいる事に別の男子が気付き、彼を馬鹿にし始めました。

彼は、自分が勃起している事を否定していましたが、僕が笑っていると、彼は
「あれっ、ゆうこちゃん嬉しいの?」
と言い出し、僕の手を掴んで自分の股間に押し付けました。

僕は彼の行動を冗談にしようと笑いながら
「もう、やめてよ~」
と言うと、口からツバが垂れてしまい、僕が手の甲で口を拭くと、彼は
「ヨダレを垂らすくらい欲しいのか?」
と言いながら、僕の手を自分のジャージの中に入れ、勃起して熱くなったチンポを触らせました。

僕は、目が本気になっている彼が怖くなり、部室から逃げ様とすると、残りの二人が僕の体を押さえ付け
「男が欲しいんだろ、遠慮しなくていいよ!」
と言いながら、僕の顔を彼の股間に押し付けました。

男として非力な僕は、彼等に抵抗する事が出来ずにいると、僕の目の前にいた男子がハーフパンツと一緒にパンツを膝までずらして、勃起したチンポを露出させました。

僕は勃起してない他人のチンポを、銭湯などで何度も見ていましたが、他人の勃起したチンポを見るのは初めてで、彼は仮性包茎なのか亀頭の根元部分がピンク色に湿っていて、亀頭の割れ目から透明な液体がヨダレの様に垂れていて、カリの部分に白い恥垢がべったりと付着していました。

僕は生臭い匂いを嗅ぎ、反射的に顔を背けると、彼は自分の勃起したチンポを僕の顔に擦り付けて来ました。

僕の顔には彼の恥垢と我慢汁がべったりと付きましたが、両手を二人掛かりで押さえつけられていたので拭く事が出来ませんでした。

彼は僕にフェラをさせ様としていましたが、僕は生臭くて不衛生なチンポを口に入れたくなかったので、頑なに口を閉じていると、彼は
「オカマの分際で、抵抗してるんじゃねえよ!」
と言って、僕のお腹を蹴って来ました。

僕がお腹を蹴られた衝撃で口を開けると、彼は勃起した生臭いアレの僕の口の中に入れて
「エロッ!こいつのフェラ顔、超エロいよ!」
と言って、僕の歪んだ顔を後ろの二人に見る様に言いました。

そして、彼が僕の頭を掴んで腰を振り始めると、僕は喉の奥を刺激されて何度も嗚咽してしまい、目から涙が溢れ出し、鼻水が垂れ、口から恥垢で白く濁ったヨダレが垂れてセーラー服を汚しました。

僕は永遠に続きそうな彼の腰の動きを止める為に、唇と舌を使って彼のチンポを締め付けると、彼は
「いいねぇ~やっと本気になったか!」
と言って、僕のフェラのテクニックを褒めながら、腰を細かく振ると
「あっ、出る!出る!」
と言いながら僕の口の奥に精液を放出すると、彼の精液は渋柿の様な苦い味がして、僕の口の中の水分がなくなる感覚がしました。

彼は暫く僕の口の中にチンポを入れたままにして、精液を完全に放出すると、やっとチンポを口から抜いてくれました。

僕は口に溜まった精液を吐き出そうとしましたが、腕を掴ませていたので上手く吐き出せず、口の中の精液は恥垢の混じった唾と一緒に唇を伝い、セーラー服の上着を汚してから、僕のスカートの上に溜まりました。

すると、僕の腕を掴んでいた同級生が、腕を離してくれて、ティッシュを箱ごと僕に渡し
「大丈夫だった?制服が汚れちゃったね」
と僕に優しく話しかけ、萎みかけたチンポを露出して僕のフェラのテクニックの感想を言いている彼に
「お前、ちゃんとクリーニング代払ってやれよ」
と言ってくれました。

僕は安心して涙が溢れて来ましたが、口に残った精液をティッシュで拭き取り、顔やセーラー服を拭いていると、ティッシュを渡してくれた同級生がジャージを脱ぎ始めました。

そして、半勃起のチンポを僕の目の前に持って来て
「ほら、ゆっくりとしゃぶらせてやるよ!」
と言いました。

僕は、もう二度とあんな辛い思いをしたくなかったので、逃げようと思い立ち上がりかけると、後ろにいた同級生が僕に抱き着き、セーラー服の上から僕の胸を揉んで来ました。

逃げられなくなった僕は、あと二人射精されれば解放されると腹を括り、目の前のチンポを自分の意志で掴み、手で扱き始めました。

しかし、自分の意志でチンポを咥えるのは抵抗があったので、手だけで二人目を逝かせようとしましたが、僕の手の中でフル勃起した二人目は
「我慢しなくていいよ、口でしても俺は平気だから」
と言って微笑みました。

僕は逃げられないと思い、ゆっくりと二人目のチンポに顔を近づけましたが、彼のチンポからは嫌な臭いはせず、乾燥していて恥垢もなかったので、唇でそっと二人目の亀頭を咥えました。

二人目の亀頭は無味無臭で、舌で亀頭の割れ目に触れると、粘り気のある塩味の液体が溢れていました。

僕は自分でも意外な事に、二人目のチンポを咥える事が嫌ではありませんでした。

僕は、舌の全体を使って二人目の亀頭を舐めると、口の中にヨダレが溜まり、口から溢れそうになったので、ヨダレをすすると「じゅるっ」という音がして、口に溜まったヨダレを飲み込んでしまいました。

僕はアソコを咥えるのが気持ちいいと思って、ふと我に返り、自分が男のチンポを自分の意志で咥える事の異常さを思い出し、二人目も早く終わらせようと思い、頭を前後に動かしながら「じゅるじゅる」音を立てながら激しいフェラをしました。

すると彼は「凄い!めっちゃ上手いじゃん!」と言うと、まだ射精していないのに僕の口からアレを抜いて、自分で何回か擦ると、僕の顔に精液を掛けました。

それを見ていた二人は「顔射かよっ!」と言って盛り上がり、射精が終わった二人目は
「綺麗に、お掃除してくれ」
と言って、萎みかけたチンポを僕にもう一度舐めさせました。

僕は拒絶する事を忘れ、ティッシュで顔を拭き、二人目に言われるままにチンポを舐めましたが、一人目と違い彼の精液は渋い味がしなかったので、アイスキャンディーを舐める様に彼の亀頭をしゃぶり、少量だったので彼の精液を飲み込みました。

そして、二人目の相手をしている間、後ろから僕の胸を揉みながら勃起したチンポを僕のお尻に擦り付けていた三人目が、立ち上がってジャージを脱ぎました。

三人目のチンポは少し変わっていて、陰嚢が異常に大きく竿の部分は完全に皮が被っていて、まるで子供のオチンチンを拡大コピーした様な形状をしていました。

僕は最後の一人になったので、何かを言われる前に自分から三人目のチンポを掴み、臭い匂いを覚悟しながら彼の皮を捲ると、三人目は何も言わずに大量の精液を飛ばしました。

三人目の臭い精液は、僕のセーラー服にべったりと掛かりました。

その光景を見ていた二人は爆笑していて、僕と部室のドアの間に誰もいない状況だったので、僕はティッシュを2~3枚取って部室の外に逃げ様とすると、彼等は
「待ってよ、クリーニング代払うから…」
と言って、僕を引き留めました。

僕は彼等を無視して部室の外に出ると、部室の前には部活終わりの男子が多くいて、奥には女友達が僕を待っていてくれました。

彼女達は、僕の異様な姿と、ドアの隙間から見えた下半身裸の三人目を見て、瞬時に何があったかを悟りました。

僕は性的暴行の被害者でしたが、女子達はあまりにもショッキングな光景に体を縮めてお互いに抱き合いながら
「ゆうこちゃん、大丈夫…」
とセーラー服に付いた精液をティッシュで拭いている僕を心配してくれました。

僕は部活終わりの男子達に注目されながら、女友達の元に近づいて行くと、男子ハンドボール部の部室のドアが開き、二人目の男が出て来て、僕に剥き出しの千円札を三枚渡し
「さっきのは良かったよ、またお願いするね」
と言って、僕のお尻を触ってから部室に戻りました。

僕は制服のクリーニング代を握って、女友達に近づくと、彼女達は
「最低!キモいからこっち来るなよ!」
と言って僕の元から逃げて行きました。

僕は彼女達が誤解した事が分かり、直ぐに後を追いかけ様としましたが、部活終わりの男子達に囲まれ
「一回、三千円なのか?安いな~」とか「どこまでして貰えるの?」
と質問をしながら、僕の体の匂いを嗅いで
「臭っ!イカ臭いぞお前!うわっ!首に精子がついてる」
と言って、からかって来ました。

僕は必死に男子達の輪から逃げ出しましたが、女友達の姿がなかったので、取りあえずトイレで体に付いた精液を拭き取る事にしました。

僕は部室から一番近い男子トイレに入ろうとしましたが、逃げ場のないトイレで男に襲われない様に女子トイレに入る事にしました。

僕は普段から女子達の連れションに付き合って、一緒に女子トイレに行っていたので、僕が女子トイレに入っても嫌がる女子はいませんでした。

そして、僕が女子トイレのドアを開けると、洗面所の前にさっき別れた女友達がいました。

僕は誤解を解くチャンスだと思い、笑顔で彼女達に近づくと
「何しに来たんだよ!キモいから出ていけよ!」
と彼女達は言って、僕を女子トイレの外に蹴り出しました。

僕がトイレの前の廊下に転んでしまうと、彼女達はトイレから出て来て
「二度と話しかけるなよ!」
と僕に言って去って行きました。

僕は親友だと思っていた女友達に誤解され涙が止まりませんでした。

暫く誰もいない廊下で泣いていた僕は、取り敢えず体を綺麗にする為、男子トイレで体や制服に付着した精液を拭き取り口を濯ぎました。

そして、男子の制服に着替え様と思い、裁縫教室に行くと、教室の前の廊下に僕の鞄と制服が投げ出されていて、裁縫教室には鍵が掛けられていました。

僕は完全に女友達に嫌われた様で、仕方なく上履きで踏まれた跡の付いた男子の制服に廊下で着替え、セーラー服を鞄に入れて学校を出ました。

そして、学校の近くのクリーニング店にセーラー服を出し、綺麗になった状態にして彼女達に返そうと思いました。

クリーニング屋さんは、精液で汚れたセーラー服を持って来た僕を軽蔑した目でみましたが、料金は千円以下でした。

僕は結果的に男のチンポをしゃぶって二千円儲けた事になり、情けなくて涙が止まりませんでした。

家に帰った僕は、皮膚が赤くなるまで体を洗い、借りていた下着や前髪ウィッグを洗ってから、ベッドの上で女友達にメールを送ろうとしましたが、全て着信拒否されていました。

翌日、僕が学校に行くと、昨日の噂が広がっていて、上履きがなくなっていたり、机が廊下に出されていたりして、女子達から完全に無視されていました。

するとDQN集団が僕の近くにやって来て
「あれっ?ゆうこちゃん今日はセーラー服着ないの?」とか
「一人、三千円でしてくれるんだろ?早く着替えて来いよ!」
と言いました。

しかし、DQN集団は僕をからかうだけで、実際に襲って来る事はありませんでした。

僕は授業が終わると直ぐに学校を出て、クリーニング屋さんでセーラー服を受け取りました。

そして、翌日の朝に借りていた女装用の制服やウィッグを紙袋に入れ、少し迷いましたが下着やヌーブラも袋に詰めて、女子に返しました。

しかし、僕が親友だと思っていた女子達は
「汚いもの、近づけるなよ!」
と言って、紙袋を手で払い除けました。

すると、教室の床にクリーニングのビニール袋に入ったセーラー服が散らばりました。

僕は悲しくなりましたが、誤解を解く事は不可能だと感じ、床に散らばった物を拾っていると、DQN集団がやって来て
「おっ、今日は制服持って来てるじゃん!早く着替えろよ!」
と言って来ましたが、僕は無視しました。

すると、DQN集団は逆上し、僕の髪の毛を掴むと
「オカマのくせに、無視してるんじゃねえぞ!」
と言って、僕のお腹を膝蹴りして来たので、僕は教室の床に倒れ込みました。

そして、僕はDQN集団に囲まれて、男子の制服や下着を剥ぎ取られ、強制的に女装をする様に言われました。

今までは、僕の味方をしてくれた女子達も、ニヤニヤ笑って見ていて、助けてくれませんでした。

DQN集団は先生が来るから早く着替えろと言って、僕を蹴って来たので、僕は仕方なくセーラー服に着替えました。

授業が始まって、先生が僕の女装を見ても、いつもの事なので黙認され、休み時間になると僕は男子トイレに連行され、男子生徒にフェラをさせられました。

昼休みになって、僕が気持ち悪くて弁当を食べないでいると、僕は男子トイレに連れて行かれました。

僕は、先生に相談しようとしましたが、女子達に邪魔をされて先生に取り合って貰えず、放課後も男子トイレで、何人もの男のチンポを咥え続けました。

そして下校時間になると僕は解放され、男子の制服のシャツがビリビリに破けていたので、ズボンの上にTシャツだけを着て家に帰りました。

しかし、親にはこの事は言えず、一時間おきにトイレで吐き続け、その日は何も食べる気になれませんでした。

翌日、僕は親に体調が悪いと嘘をついて学校を休み、その後一週間程、学校には行きませんでしたが、期末考査があった為、親に説得されて学校に行きました。

そして、テストが終わると僕はDQN集団に拉致されて、強制的に女装させられると、また、何人もの男にフェラをし続けました。

しかし、綺麗なチンポは咥えても気持ち悪くならなかったので、僕は開き直って女になり、汚いチンポの男子に
「こんなの無理だから、ウェットティッシュ買って来てよ」
と甘えた口調で言うと、男子は僕の言う事を聞いて購買部でウェットティッシュを買って来てくれました。

そして、流れ作業の様にフェラを続け、精液を飲まない様に気を付けると、気持ち悪さは軽減され、フェラの負担が少なくなりました。

僕が抵抗しなくなると、DQN集団は僕に暴力を振るわなかったので、その日から僕は、積極的にフェラをし続けました。

僕のフェラは、1回につき千円から三千円でしたが、僕にはお金が入らず、全て同じクラスのDQN集団の物になっていました。

しかし、彼等は全てのお金を自分達の遊びの費用にはせず、僕用の女物の下着や衣装代にも使っていて、僕は色んな衣装で男の相手をしました。

やがて、辛かった1学期が終わり、夏休みになると、僕に平穏な時間が訪れました。

しかし、その平穏な時間は、僅か数日で終わり、僕はDQN集団の溜り場になっている男子の家に連れて行かれ、男のチンポを舐める生活に後戻りしました。

更にDQN集団は、僕のお尻の穴に興味を持ち、指や器具を挿入して遊び始め、最終的に僕はアナルセックスをされる様になりました。

彼等の責めは連日続き、何処に行くにも女装させた僕を連れて行き、所かまわずフェラをさせたりセックスをして来たりしました。

しかし、学校の時の様に、他の生徒からお金を取れないDQN集団は、お金に困り始め、ネットの掲示板で一般人を募り、僕に相手をさせました。

学校とは違い、僕の相場は十倍になったので彼等は喜び、色んな掲示板に僕の女装した画像を載せ商売を始めました。

その頃の僕には、感情がなくなっていたので、人前で知らないおじさんのチンポをしゃぶっても何とも思いませんでした。

しかし、そんな僕の生活はある日、警察に補導される事で呆気なく終わりました。

警察に僕を引き取りに来た両親は、息子の変わり果てた姿に驚き、僕の全人格を否定しました。

家に居場所がなくなった僕は、家出をして街を離れましたが、お金の稼ぎ方を知っていたので、その日の食費と宿代に困ることはありませんでした。

しかし、ある日ネットカフェで寝ていると高熱が出て体が動かなくなり、僕は救急車で運ばれました。

B型肝炎でした。

僕は入院した病院の女医さんに、今までの経緯を全て話すと、彼女は両親に事情を説明してくれて、僕の放浪生活は終わりました。

その後、弁護士さんがDQN集団の親と話をしてくれて、示談が成立しました。

体調が回復した僕は、母の実家に預けられ、母の通っていた高校に普通の男子生徒として転校し、今に至っています。

30代になった今でも、街でセクシーな格好をした女の子を見掛けると、あの頃の自分を思い出し、自分の方がもっと可愛くなれると思ったり、男の僕にはある筈のない子宮が疼く感覚がしたりして、男が欲しくなります。