僕が童貞を失ったときの話

これは、僕が中学3年のときの話です。先に結果を言うと、男友達の母親とのSEXが童貞喪失の相手でした。きっかけは、中学の卒業旅行がきっかけになります。
僕は同じ部屋になった、男友達5人とお風呂に入りに行くことになりました。僕は当時、水泳部で体格もよく、背もほかの4人に比べると高く、すでに180センチ近くありました。大浴場でしたので、ほかのグループの生徒もいたのですが、僕たち5人も中学生らしくにぎやかに入っていきました。ほかの4人はなぜか股間にタオルを当てて、隠すように入っていきました。僕はタオルを右手に握り股間丸出しで入っていきました。というか、隠すということを考えてなかったのです。そして、そのときに他の4人に僕の股間を結果的に、見せ付けることになってしまったのですが、あまりの大きさと、毛の生え具合にみんなを圧倒してしまったのです。でも僕は自分の股間以外あまり気にしたことがなかったため、大きいかどうかの判断はついてませんでした。実は、射精することも早く、しょうがく6年の冬にはしていたのです。ほかの4人は、最近授業で体のことを勉強して、そういうこともあるんだと思ったようで、射精はしているようですが、中学2年とか、3年とかになってからだといっていました。

あるとき、その中の一人の友達の家に遊びに行ったときのことです。4人の中でも一番背も小さく、いわゆるまだ毛も生えてきていない子です。その当時で僕たち(15歳)で、僕の母親は48歳でした。遅くに結婚し、できた子でしたので、正直おばさんです。でもこの友達の母親はまだ36歳と若く、肌のつやや、胸のふくらみや、張り具合はお姉さんのような雰囲気で、実は、彼の家に遊びに行くのが一番の楽しみだったのは疑いようがありませんでした。その日も、夏休み中だったので、友達の母親は薄着で、胸元のざっくり開いたTシャツと、ホットパンツといういでたちでした。僕のほうも、Tシャツとひざくらいのショートパンツで行きました。友達(友樹君)に連れられ、部屋に入っていった僕(雅人)、その後母親(麻奈美さん)がお菓子と飲み物を持って部屋に入ってきました。卒業旅行の話や、学校での話しをいっぱいしました。麻奈美さんも自分の卒業旅行の話をしてくれたりと、盛り上りました。そして、話の展開が変なほうへと変わっていったのです。
友樹「母さん、卒業旅行のときのことだけど、みんなでお風呂に入ったんだけど、雅人だけ、おちんちんすごい大きかったんだよ!しかも、もうお父さんみたいに毛もいっぱい生えてるんだよ!みんんびっくりして触らせてもらったんだよ」
雅人「友樹!母さんにそんなこと言ってどうするんだよ!変な話するなよ!」
麻奈美「へぇ、同じ年なのに、友樹はまだお子ちゃまみたいなかわいいおちんちんなんだもんねぇ。まだいいことできないよねぇ」
友樹「母さんそれなんだよ!自分の息子のフォローしてよ!ていうか、雅人のおちんちん見たいって事じゃないの!」
雅人「だから、やめろって!そろそろ勉強しようぜ」
そういいながらも、僕はこの後の展開を妄想し、おちんちんをすでに硬く突き上げていました。麻奈美さんのホットパンツから見えている、太腿ばっかりを見ていました。
麻奈美「友樹、雅人君が困ってるでしょ!どうがんばったって、友樹が雅人君に勝てないんだから、もういいでしょ」
友樹「雅人!母さんに俺のと、雅人のとどれくらい違うか見てもらうから、協力してくれよ!せーのでズボンとパンツを一気にずらすってことでいいだろ!俺悔しいんだよ、頼むよ!」
友樹の提案に僕はもう我慢の限界を迎えていたのですが、必死に我慢し、平静を装っていた。
友樹「雅人、いいだろ!いいか並んでお母さんの前に立ってくれよ!裏切るなよ!同時だからな!」
友樹は後に引かない様子でした。
麻奈美「雅人君ごめんね、友樹ほんとにまだ、子供みたいなおちんちんで、旅行帰りにだいぶ落ち込んでたのよ、私は気にしないから、ちょっと見るだけだから、雅人君、友樹の提案に付き合ってくれる?」
雅人「お母さんがそこまで言うんなら、いいですよ、友樹!お前のためにするんじゃないからな!付き合ってやるよ!」
そういうと、僕は友樹の横に並んで立ち上がった。すでにショートパンツの中のおちんちんは、ガチで勃起状態で、すでにお母さんなら、僕の状況はわかっていると思います。それでも、何もないように、ズボンをずらすのを待っていました。
友樹「雅人、じゃあせーのだぞ!ズボンだけじゃなくて、パンツも一気にいってくれよ!」
二人は麻奈美さんの前で仁王立ちし、両手をズボンとパンツに掛け、スタンバイOKです。
そして、友樹の合図ではいているものを一気にズリ下げ、2人の下半身は同時に丸出しとなりました。もちろん結果は歴然。友樹のおちんちんは半立ちで毛も生えてなく、確かにかわいい子供のそれのようでした。一方、僕のおちんちんは、自慢するわけではありませんが、皮はまだ」かぶっているとはいえ、天を突くほどに上を向き、硬く勃起し、毛も生えそろいまさに、大人のそれを想像させるものだったと思います。
友樹「雅人、一段と今日は大きいんじゃないか?ひょっとしておれのお母さんで大きくしたんじゃないのか!ずるいよ!」
麻奈美「雅人君、友樹が言ったこと、ほんとなの?私のどこを見て大きくしたの?本当だったら、すごくうれしいんだけど、、、。」
雅人「違いますよ、友樹、友達のお母さんで、こんなことになるわけないだろ!」
麻奈美「雅人君、そうよね、本当のこと言えないよね、でも、本当にそうでないのなら、私がもっと、いやらしい格好したら、もっと大きくしちゃうのかなあ?いまは確認できないけど、、。」
友樹「母さんどういうことだよ!雅人は俺の大事な友達だから、変なことするなよ!」
麻奈美「あなたが、こんなこと考えたからいけないんでしょ?しかも、この前も同じようにして、大きくならなかったでしょ?友樹の好きなアイドルの水着のグラビア見てもだめだったし、、、。友樹でもあなたもいつかは、雅人君みたいになるわよ、ちょっと遅いだけよ、男の子なんだから、、、。」
雅人「もういいだろ、ズボンはくよ」
勝ち誇ったように、短い言葉で、ズボンをはき始めた。
その日はそれで終わった。

その3日後、友樹が僕にへんなことを言ってきた。お母さんがまた遊びに来てほしいと。でもその日は、友樹は学校の後、習い事があり、家に言ったところで、麻奈美さんしかいないのです。でもこれは何かのサインなのかと思い、友樹にOKの返事をしたのです。友樹もこの間のことがあり、この後の展開はひょっとしたら予想はついていたと思うのですが、僕が水泳部にいることを友樹が教えたようで、麻奈美さんも最近ダイエットで水泳を始めたそうです。少し泳ぎを見てほしいとのことでした。
僕も部活があり、友樹の家に着いたのは、夕方6時ころ、友樹はその後、習い事があるといって、出て行き、帰ってくるのは9時前だといってました。お父さんは単身で家にいないらしく、3時間の間、麻奈美さんと2人っきりということになります。
麻奈美「雅人君、水泳部に所属してるんだって?私も数ヶ月前から、ダイエットではじめたんだけど、泳ぎがどうか見てほしいと思ってきてもらったの、迷惑じゃなかった?」
雅人「うちの母に、友樹の家に行くといったら、友樹君ちだったら、大丈夫ね!といってました。大丈夫だと思います。」
麻奈美「よかった!じゃあ、早速だけど見てもらおうかな、せっかくだから、形から入るっていうから、水着に着替えますね」
雅人「このままでいいんじゃないですか?腕の動きとか、脚の動きとか見るだけだし」
そういったものの、僕は、早く着替えろ!と心では思っていました。
麻奈美「ちゃんと見てほしいから、待ってて」
そういうと、隣の部屋へと消えていき、着替えている様子でした。数分後麻奈美さんは僕の前に水着で現れました。サイズがちょっと小さいようで、胸は横からはみ出て、股の食い込みは半端なく、お尻は割れ目がはっきりするくらいの食い込みようです。
麻奈美「どう?雅人君、似合ってる?この前のときより、雅人君のアレ、反応するんじゃない?あっ、そうだ、教える雅人君も水着になってもらおうかな?いいでしょ?私用意したから、これ着替えてくれる?」
雅人「じゃあ、僕の水着、まだ乾いてないし、それに着替えてきます。」
僕は素直に従い、隣の部屋へ行き、着替えてきました。普段使っているスクール水着と違い、すごく締まった形で、僕のおちんちんの形がモロに分かる水着で、また上も浅く、いくら上に持ち上げても、お尻の割れ目ギリくらいまでしか腰が上がらないようなものでした。それでも、麻奈美さんの前へと向かっていきました。
麻奈美「やだあ、雅人君すごく似合ってる!だってほら、ここ、こんなにはっきりと形が分かるよ!あっ、ごめんね、ひょっとして、女性に触られるの初めてだった?最初が私みたいなおばさんでもよかった?」
雅人「おばさんだなんて、そんな、、。僕のお母さんはもう48歳です。それに比べたら、むしろ、友樹がうらやましいです。お姉さんみたいです」
麻奈美「えーっ、お姉さんだなんて、、、。雅人君上手なんだね、、。うれしくなっちゃう、、。だんなが単身で、帰ってくるの、年に数回なの、もちろん、帰ってきたときは、夫婦のことはするんだけど、私、他人よりちょっとスケベな女性なのか、この前、雅人君のおちんちん見てから、オマンコが熱くて収まらないの、、。本当は、いけないこととは分かっているんだけど、友樹で解消しようと思ってるんだけど、まだおちんちん大きくないし、射精はするんだけど、私は気持ちよくないの、、。今の私には、雅人君が必要なの、、。分かる、、。」
雅人「おばさん、、いや、お姉さん、、。友樹でも、僕でもいけないことには変わりませんが、いいですか?僕だって、童貞なんですよ?おちんちんが大きいというだけで、そんな気持ちになって大丈夫ですか?」
麻奈美さん「それは、雅人君はいいってことよね、その返事。じゃあ、私が雅人君の最初の女性になってあげるから、、、。」
そういいきるまでもなく、麻奈美さんは僕の前に屈み込み、パンパンに張り詰めた股間へと顔を近づけ、舌でやらしく嘗め回し始めました。
麻奈美「やっと、、、。今日こそは、私いっぱい気持ちよくなれるわよね、、。雅人君、、。大きくて、私の口にはいりきるかしら、、。すごいよ、主人よりも大きいかも、、、。」
雅人「麻奈美さんって、そんなにやらしいお母さんだったんですね、、。麻奈美さんって硬くて、大きなおちんちんが好きな、ただの変態な、ドスケベなお母さんだったんですね、、。麻奈美さんって、、、息子の友達の前で、豊満なおっぱいや、お尻を見せ付けるのが快感な、露出狂のお母さんだったんですね、、、。」
実はこのころすでに、僕の父親の隠し持っているエロAVをこっそり見ていたので、中3とはいえ、辱める言葉が次々と出てきたのです。
麻奈美「雅人君、分かってる、、。私のほうがだいぶ年上なのよ、、。そんな言い方ある?私のこといじめたいの?」
雅人「僕は今すぐ家に帰っても、何もモンダイないのですが、、。困るのは麻奈美さんのほうじゃないのですか?明日もあさっても、友樹一緒なんですよ?もう僕の硬くなってるところ、十分に舐めたでしょ?」
麻奈美「雅人君、それはだめ!私が今日、今から、雅人君の始めての女性になるんだから、、、。絶対になるんだから!!」
雅人「じゃあ、麻奈美さんは、だんなさんが単身で、麻奈美さんと毎日でもSEXしたいのを我慢して、遠くで働いているのに、麻奈美さんだけが若くて硬いおちんちんを食べようとしているどスケベな、お母さんということでいいですよね、、。麻奈美さんは、自分の息子のアレが小さいからといって、アレの大きい友達を誘っては、自分の快感を得ようといているただのおちんちん好きのお母さんだって言うことですよね?そういうことですよね?友樹は今、一生懸命、勉強してるんだけどなあ、、、。」
麻奈美「雅人君って、そういうこと言う子だったの?でも、なんだか本当に、雅人君のおちんちんがほしくなってきちゃった。私の中に入れるね?いいよね?」
そういって、僕のおちんちんは初めて、女性の中へと入っていった。もちろんのことながら、一瞬で発射した。しかし、すぐに勃起し、2度目の挿入を迎え、2度目は何とか耐えることができた。

その後、数回にわたり、麻奈美さんと関係を持ったが、だんなさんが結構すぐに、単身が終わり、その後は何もなくなった。でもあの時の快感は、今でも、最大の快感であったことには変わりありません。