JK達の我慢大会

これは実体験です
軽く紹介をしたいと思います

みんなJK1です
真紀
身長は小さめ
スカートは総丈23センチのモノを着用
トイレは割と近い方
水泳部

佐倉
一番身長がちいさい
スカートは総丈26センチ
高校ですでに一度しっぱいしてる
とてもトイレが近いとおもう
バレー部


身長は平均くらい
スカートは総丈25センチ
自分的には遠いほう
バレー部


こんな私達三人で我慢対決をしました
スカートの総丈を見ればわかるとおりわたし達はギャル?よばれるぐらい短くしていました
けれど制服を崩してきたりはせずセーラー服はちゃんと綺麗に着てるし
靴下も学校指定の白のハイソックスを守っています(私は白のニーハイソックスでしたが)
わたし達はいつもやることがなくくだらないことをして遊ぶ毎日でした
しかしある日やることがない時私から言い出しました
私「おしっこ我慢比べしてみない?」
佐倉「えー病気にならない?」
真紀「平気じゃない?」
私「一度してみたいんだよねー」
真紀「じゃあ明日の学校でやってみる?笑」
佐倉「ほんとにやるの?」
真紀「面白そうだししてみようよ」
私「じゃあやるってことでいいね?」
佐倉&真紀「やろう」
私「じゃあルールは朝学校に登校して最初に三人で一緒にいってから500ミリのペットボトルを飲むでどう?」
真紀「いいんじゃない?」
佐倉「私オムツしてこようかな……」
私「佐倉それはだめでしょ笑」
私「それからトイレが限界になってもだめ学校出るまで禁止ね!」
真紀「それってつまり部活終わるまでダメなの?最悪漏れそうになったらいってもいい?」
私「だめ!無理になったらおもらし強制笑」
真紀「キツっ笑」
佐倉「部活終わるまでか……けど尿意来なければラッキーだよね♪」
私「確かに笑」
それからわたし達は帰宅してつぎの日を迎えた
いつもより早く学校にきた
予定通り2人も早く来ていた
私「おっはー」
真紀「眠いわー」
佐倉「おはよう」
私「それじゃあ早速いこう」
わたし達はトイレにいき体の中にある
ありったけのおしっこをしぼりだした
はっきりいってここでやめとけばよかったと少なからず後悔している
私「じゃあ始めよう!」
私が三人分の飲み物を準備したが実は利尿剤をいれていた
わたし達は500ミリの利尿剤いりお茶を飲み干し教室に向かった
一時間目が始まった二人に特に異変はなく見えた
私も尿意は感じなかった
2、3時間目もとくに変化はないだが4時間目の体育で私は尿意を察した
二人はまだ平気の様子をみせていた
先ほど体操着に着替えるときに真紀が水着を制服の下にきているのをみた
いつもきてこないが多分漏らしても大丈夫なように着たのだろう
真紀の水着がとってもハイレグなかわいい競泳水着だった
ちょっぴり羨ましく思ったこともある(笑)
少し話が飛んでしまうがとうとう6時間目まできて全員がすごく我慢してる状態にまでなっていた
佐倉は大胆にスカート越しに押さえている
真紀は水着にシミを作りたくないのか押さえたりはしなかった
私も押さえはしない
恥ずかしいから
そして6時間目がおわり帰りのホームルームも終了
いよいよ部活だ
佐倉はもう大分我慢しているらしく落ち着きがない
私「真紀、プールの中でも漏らしちゃダメだからね?」
真紀「限界になったらわからないけど極力がんばるよ」
佐倉「私大分やばいかも……」
私「佐倉がんばろあたしもがんばるから」
佐倉「ん……」
この時私は佐倉が好きでもあった
小さくて小悪魔みたいな子でみんなからも好かれるタイプだからだ
そして部活いった
ここからは真紀から聞いた話で真紀視点にしていきます
真紀「先輩たちこんにちは」
先輩「あいかわずげんきね真紀ちゃんは」
真紀「それより早く練習の準備しましょう!」
先輩「ねえ真紀ちゃん……おトイレ我慢してる?」
真紀「!!」
先輩「なんかすごく落ち着きないしもじもじしてるから」
真紀「じつは……」事情は全て話した
先輩「そうなんだ……じゃあそれならわたしが意地でもトイレいかせないからね♪」
真紀「相変わらず意地悪ですね……んっ……」
このあといつもどおりに部員たちがどんどんきていつもどおりに部活がはじまるはずだった……
しかし違ったのだ
部長「今日はストレッチを中心にやるように顧問から頼まれたので筋トレをたくさんやります!」
真紀「え……」ジュワ
この時無意識にちびってしまった
真紀(そんなことしたら確実に漏らす……)
私は本気でプールに入ったら即漏らす気満々だった
私は焦っていたが筋トレははじまってしまった
わたしは先輩とくみました
先輩「真紀ちゃん遠慮なくしていいよね?ってか水着ぬれてるけどちびった?」
真紀「…………んっ」
真紀はしゃべれないくらいパニックだった
先輩「それじゃまずは腹筋からだってよ、100回がんばろうね」
この100回が真紀を諦めさせたのかもしれない
真紀は漏らし始めた
先輩「きゃあ!」
みんなの視線がむく
先輩の水着はぬれるはずがないのにぬれていたわたしのおしっこのせいで
一度でると止まらず有り得ない量だった
真紀自身はしらないがきっと利尿剤のせいだろう大量に漏らした真紀は我慢比べなんてしなきゃよかったと後悔したのだった
結局わたしは部長に嫌われ今はいじめをうけている
佐倉の方は詳しくきいていないから佐倉聞いたらアップします!