妻の青春時代の…

妻と結婚する前、彼女と交際を始めてしばらくして、私たちはセックスをした。
妻は、私と出会う以前、大学時代に交際していた男性がいたことは妻から聞いて知っていた。そして、彼の部屋に何度か遊びに行ったことがあることまでは聞いていた。
妻の性器に初めて私のペニスを挿入したとき、意外なほど簡単にヌルリと中まで入った。
ペニスを動かしたときの膣の感触も滑らかで緩く感じた。
私は、ひょっとして…という一抹の不安が頭をよぎった。
妻は昔、他の男と交際していたとはいえ、体までは許していないだろうというかすかな期待を抱いていた。

しかし、終わった後、妻が発した言葉に私は一瞬思考が停止した。「なんかあそこが変な感じ。久しぶりにHしたからかも」
妻は処女ではなかった。やはり、元彼と肉体関係を結んでいたのだ。股を開いて太いペニスを入れられ、男の背中に手を廻し悶えていた。
しかし、元彼とのセックスのことは妻はそれ以上は語らなかった。

その後、偶然、妻の大学時代の女友達と話す機会があり、妻が当時交際していた男のことをそれとなく聞いてみた。
妻はその友達には当時の彼との様子を色々話していたらしい。

それによると、大学時代、妻とその友達と元彼は同じサークルに入っていて、元彼は○○大学の1年先輩だった。
妻が大学2年生のときに交際が始まり、まもなく妻は彼の下宿を訪れるようになった。
そして、何度目かの訪問のとき、二人は初めて結ばれたそうである。
彼の下宿のベッドの上で、妻は生まれて初めて男のペニスを膣の中に受け入れ、彼に処女を捧げたのだった。
処女膜が破れる痛みと初めての体験に妻は泣いたそうである。
それからは、妻と彼は週に3〜4回は彼の部屋でセックスをするようになった。
そんな日々が3ヶ月ほど続いた。その後、頻度は下がったものの、月に4〜5回位は彼と性器の交わりを経験していたそうである。
始めのころ、妻は彼とのセックスでオーガズムに達したことがなく、その友達や女の先輩に相談していたという。
女の先輩から、回数を積めばそのうちイクことが出来るようになると言われ、妻は彼との性交を重ねていった。
何ヶ月か経ってやっと彼のペニスでイクことが出来たが、それでも毎回ではなかったらしい。
その女友達の話を聞きながら、私は妄想で頭が一杯になった。
「妻はどんな格好で彼に貫かれていたのだろうか?」
「彼の前でどんな表情を見せていたのだろうか?」
「彼の前でどんな痴態を晒していたのだろうか?」
「彼にどんな喘ぎ声を聞かせていたのだろうか?」
「正上位のとき彼の前でどれだけ脚を開いたのだろうか?」
「アナルまで露出させながら彼に尻を掴まれ四つん這いで貫かれたことはあったのだろうか?」
「彼のペニスに跨り騎乗位で尻を振っていたのだろうか?」
「処女喪失の瞬間妻はどんな表情を見せたのだろうか?」
「彼は妻の膣の中で射精したのだろうか?」
そのとき私のペニスはギンギンに勃起していた。

ある日、私は決定的な事実を目の当たりにすることになった。
何冊かある妻の学生時代のアルバムの中の1冊にそれはあった。
そのアルバムを開いたとき私の手は固まった。
そこには、大学時代の妻と元彼との写真が収められていた。
写真の日付を見ると妻が大学2年から卒業して社会人2年目くらいまでのものだった。
普通のデートの写真に混ざって、性交の様子を撮影したものもあった。場所は彼の下宿の部屋のようだった。

当時大学2年の妻がパンティ1枚の姿で、男のペニスを咥えている写真。
下半身剥き出しでベッドに腰掛けた彼のペニスを、妻がしゃがんで咥えていた。
妻が笑顔で大股開き状態で自分の小陰唇を拡げている写真やアナルを見せ付けている写真。

二人とも全裸になり、仰向けになった男の顔の上に妻が尻を向けるような格好で跨り、お互いの性器を舐めあっている写真。

妻と男が全裸で正上位で抱き合っている写真。
妻と男の体は上半身から下半身まで隙間なく密着し、二人の舌が絡み合っていた。

男に膝を抱えられ、体がくの字になるまで折りたたまれ屈曲位でペニスで貫かれている写真。
秘部が天井を向くほど妻の尻は浮き上がり、そこに男の太いペニスが上から杭のように突き刺さっていた。
妻の顔は快感にゆがんでいた。
その結合部分を後ろから撮った写真では、かなりの太さのペニスが妻の股の中心に埋め込まれていた。
杭のような極太のペニスによって大学2年の妻の大陰唇と小陰唇はグワッと無残に拡げられていた。
結合部分からは二人の愛液が溢れだして股の付け根や陰毛をベットリと濡らしていた。

四つん這いになりバックで貫かれている写真。
男の手は張りのある妻の白い尻を鷲掴みにして、左右に押しひろげていた。
真上からのアングルでは妻の肛門の皴まで露出し、その下の性器には男の極太のペニスが突き刺さっていた。
ピンク色の膣の粘膜がペニスに絡みつき捲れあがり外に出ていた。
妻は長い髪を振り乱していた。
妻の性器に入れられた男のペニスにはコンドームが付けられているものが多かったが、そのまま生で挿入されているものもあった。(生のペニスが大学時代の妻の膣に入っていたのだ。)

彼が射精した後の写真では、彼の精子が溜まったコンドームを妻がぶら下げていた。
妻が大学3年生のときのようである。
そして、コンドームを付けずにセックスをしたときに妻の大陰唇の辺りに彼が射精し、白い精子が妻の股間や陰毛に飛び散っていた。
バックで貫いていたときに射精したときは、妻の白い尻に彼の精子が飛び散り、射精直後のペニスが妻の尻の上に乗っかっていた。
さらに別の写真では、…二人の性器の結合部分から白い液が僅かに漏れ出している。
次の写真で、男のペニスが膣から引き抜かれ膣口から亀頭が顔を覗かせたとき、ペニスに掻き出されるようにして妻の膣口から大量の白い液体が流れ出ていた彼の精液だった…しかも妻の膣口は大きく拡げられ穴の奥までヒダヒダの膣壁が見えていた。
次の写真は妻の膣口をアップで撮った物だった…穴の奥にピンク色の子宮頚部が確認できたそれには彼の精液が付いていた。
元彼は当時交際していた妻の性器にペニスを挿入し、女子大生の処女膜を貫いただけで無く生でもペニスを挿入してしまい
膣襞が自分のペニスに絡み付く感触を味わい、味わい尽くしたところで、大学生だった妻の膣の中に思い切り射精しオーガズムの快感に浸り、何度も肛門に力を入れペニスを脈打たせ膣の奥まで精液を少なくとも100回以上は搾り出していたのだ。
元彼は、大学生の旺盛な性欲を処理するため、彼女(妻)と定期的に性交を重ね、ペニスの疼きを満たしていた。
その度に、男の勃起した極太のペニスが妻の膣に侵入して陰唇や膣壁はグワッと大きく拡げられていた。
勃起した極太ペニスが何千回も…いや何万回も大学生だった妻の膣の中を往復し膣襞が亀頭で擦り上げられた。
その度に妻の膣壁は元彼のペニスの大きさに馴染んでしまいガバガバに拡張されていたのだ。
そんなガバガバ中古女と私は結婚してしまったのだ!