単棹独穴‥ポリネシアンセックスもどき

 私がブログを始めたのは 仕事でブログをサーフしている内に、既に削除されている 「けん」さんの「‥‥エッチ生活‥‥ムフ♪」を見て、その内容に コメントしてからのことでした。記事は 次のような 内容でした。
 『[究極のH その2] ポリネシアンセックスで検索したら、こんなサイトがヒット しました。 http://rena-i.jp/porisex.htm もし経験済みの方いましたらレポお願いします。』

 上記のサイトの記事を 開いて読んでみると、何やら 前に女房と経験したSexに似通っています。そう云う秘め事を書くのは 始めてでもあり、勇気が必要だったのですが 「匿名 なら…」と 思い切ってコメントしてみることにした訳です。

 その後 その経験から、これも最近削除された「夏樹」さんの「エログ」のゲストブックに 「女房との出会い」「婚前旅行」「新婚旅行」の経緯を書かせて」貰い、お勧めもあって 自分のブログ「備忘録(現 「茫々録」)を開設しました。

 以下の記事は 具体的なSexのレポートですので、間違って訪問した未成年者はもちろん Sex」描写に嫌悪感を感じる方は、先へ お進みにならないで下さい。

 古いお話なので レポと云うことにはならないかも知れませんが、体験を 書いてみます。ゲストブックにとも 思ったのですが、テーマに関連しますので 取り敢えずこちらに書きます。私は 人生の残りの方が短くなった現在まで、女性は 女房しか知りません。その女房とのあるときの接し方が ポリネシアンセックスらしいことを このブログで知りました。聞いて評価を頂ければ 偶然に言い出した女房にも話せるので、率直な評価やご意見を頂ければ幸いです。

 そのときの(そうとは知らずに やっていた)ポリネシアンセックスは、今考えると凄く 精神的なものであったと云う気がします。女房と私は 今ならお笑い草の、処女と童貞の たどたどしい肉体関係から始まりました。そのいきさつも 聞いて頂きたいのですが、ここではまず ポリネシアンセックスのことから お話しましょう。夫婦も漸く 一通りのやり方を試して、何か変わったことを してみたくなった頃、女房が 今日は「手を使っちゃ ダメ」と云い出したのです。

 もうその頃は 触れ合っている内に、女房も私もヌメリが出てくるようになっていましたから、始め横向きに抱き合ってペニスを挟んでもらい その気で身体の位置を工夫して動かしていましたら、やがて スッポリと繋がることが出来ました。そうしたら女房が 今度は「動いちゃ ダメ」と云うのです。「動かなければ 柔らかくなっちゃうぞ」と云うと、「そのときは 少し動いて」と云います。その辺は全く 上記のサイトに書いてある通りで、何で 女房がそんなことを云ったのか、今考えると 不思議なくらいです。

 私も少しふざけて 「それなら今日は 念力で最後まで行くか」と云い、少し本気になって 正常位に体位を換え、肘で身体を支えて 下腹部をシッカリ密着させるように女房の上に乗りました。眼をつむると 女房は 「眼をつむっちゃ ダメ」と云います。唇を合わせて眼と眼を見合わせていると 身体も動かさないのに女房のヴァギナが これまで感じたことが無かった動きをします。何やらヒク‥ヒク‥と ペニスを締め付けるように動くのです。

 私も よしそれならと、こちらも小便を切るときと同じように ペニスをピクンピクンとさせると、女房も感じたらしく ギュッギュッとヴァギナを締め付けます。これまでの接し方は ただ押し込んで腰を使うだけでしたが、今日は それを一切しません。ヒクヒク・ピクンピクンだけです。これまで女房のヴァギナは 絞まりは悪いほうでは無かったのですが、こんな微妙な動きは 感じたことがありませんでした。その内にお互いに口も利かないのに 妙に気が合って同時に局部を緊張させ始めました。

 お互いに 接しながら、そのヒクヒク・ピクンピクンを、何となく 同時にやりたくなるのです。こちらが女房に合わせれば 女房も応じて、そのタイミングで シッカリ力を入れてきます。暫く続けていると 私はスッカリ良い気持ちになって、少し 息遣いが荒くなります。そうするとそれが女房に判るらしく 女房はピタリと動きを止めます。そして私の息が納まると また女房のヴァギナの動きが始まるのです。お互いに 高めたり静めたりで、どのくらいの時間が経ったか 忘我の時でした。

 そのような お互いの眼を見つめ合いながら、互いにあそこを感じているのが判る接し方が 小一時間も続いた頃、女房のヴァギナの動きが 変わてきました。ヴァギナの口元 つまり私のペニスの付け根が、特に強く 絞まるようになってきたのです。と云うことは ペニスへの血液の流入はあっても、外側の血液の還流が抑えられる訳ですから ペニスはさらに膨れて怒張します。その状態がどのくらい続いたか判りませんが その内にペニスの先の感じ方が何か変ってきました。

 女房と私が お互いに感じあって、気を合わせて「強く・弱く」の抑揚まで付けて 締め付けを繰り返せるようになった頃、いわゆる雁首というか グランスの張った処がコリコリ当たり始めたのです。腰は使っていませんから ペニスの付け根とヴァギナの口元は咬み込んだまま動きません。それなのに 身体に震えのような動きが出て、その口元はシッカリと咥えられたまま 身体が前後なのかシャクリ上げる形なのか判りませんが、とにかくヴヴァギナの奥で ペニスの首元だけが締め付けられるのです。

 昔マスタベーションのとき ペニスの胴は手を筒にしてユックリと、首の処は指の輪で 素早く抽送した憶えがありますが、今女房のヴァギナの奥で 私のペニスの先がシゴカレているのは、そのときの指よりもっと細い輪で その雁首の処が掴まえられているのです。モノの本で「二段締め」とか「巾着」とか云う言葉を見たことがありますが そのときはもう 眼は開いていても虚ろでそれ処ではありません。女房も多分 そんな情況だったと思います。始めからは 約二時間は経ったでしょう。

 お互いに眼は開けていても もう視点は定まらず、全神経は 二人が繋がっている処に集中しています。もう私は どうにもタマラナクなり、女房の耳に「いきそう」と云うと 女房も「わたしも」と云います。「じゃあ 良いね」と私が云った途端 私のペニスの亀頭にサアッと何か熱いモノ(後からそれが 絶頂汁であることを知ります…)が掛かりました。瞬間に私のソコは むず痒くなり、お互いに身動き一つしないまま 私は果てて大量の精液を女房の子宮に浴びせ掛けていました。その満足感は当に 肉体的な感覚を超えたものでした。

 いつものセックスは 果てるとグッタリして、特に男は 何かシラケた思いのあるものですが、今日は 全く違いました。云うなら女房のすべてが自分のものになったような、何か肉体だけの快感を超えた占有感 あるいは二人の一体感と云うような、疲れや脱力感の無い 晴れやかで満ち足りた気分がありました。身体中に余韻とホテリが残って それはもう「このまま 永久にこうしていたい」と云う思いでした。

 女房も果てたものの 離れるのがイヤな様子で、私にしがみついて 眼を閉じて唇をよせてきます。私も空いた手で女房の乳房に触りながら 女房の口を吸います。甘い甘いキスでした。繋がっている処は少し緩みましたが まだシビレています。中は二人が出したモノでドロドロですが それがまた嬉しい気もします。危ないので枕もとのティッシュを取って 二人の前と後ろから隙間に詰め、二人はもう少し このままでいることにしました。

 もう私は 精も根も尽き果てましたが、何だかこの形を崩したく無く しかし女房には体重は掛けまいと三十分ほどそのままでいました。しかしさすがに辛くなったので 「横に なろうか」と云うと「ウン」と云います。繋がったまま 接合部が離れないように手を添えて、上向きの女房を横にし 下向きの私もそっと横になりました。「少し このまま寝る?」「ウン」と云いいましたが このままではもう繋がりがズルズルで、直ぐ抜けそうだし 二人の出したヌルヌルでシーツを汚す恐れもあります。

 果てたものの離れるのがイヤで そのまま少し寝ることにしましたが、このままでは直ぐ抜けそうだし 抜けたら最後、接合部からヌルヌルが溢れ出そうな気配です。そこでベッドの脇のタオルを取って 腰周りを固めることにしました。タオルを二人の上から被せ 端をお互いの下に敷き込めば、抜けるのも防げるし ヌルヌルが洩れてもシーツを汚さないための工夫です。何か下らないことを書いているようですが これが実に心に安心をもたらし物理的に二人を結びつける働きがありました。

 この夜のことは 何とも柔らかく静かで豊かでした。現実的にはドロドロのヌルヌルで 無様ですが、精神的には女房も私も 何かひと仕事をなし遂げた思いの素晴らしい一夜でした。二人はそのままストンと眠りに落ち 眼を覚ましたら夜が明けていました。余韻は汚れの後始末中も響いて 二人は顔を見合わせてくすぐったい思いでした。我々夫婦は結局 射精まで行きましたので、これが ポリネシアンセックスかどうかは判りません。しかしこの夜のことは二人とも 今も忘れられ無いでいます。(終わり)

 「げん」さん どうお感じになりましたか。これは ポリネシアンセックスだったのでしょうか。「エロ小説」風と云うことでしたが 少しは精神性を感じる部分もありましたか。おかげ様で女房との最初の絶頂感を 改めて思い出させて頂きました。良いヒントを 有り難うございました。

 よく間違えられますが 「けん」です。(笑)自分も興味ありますが、なかなか そこまで至らずなんですが、奥様との一体感は精神的なものが大きく 肉体的なものを超越しているのでしょうか?。自分も昨夜は 彼女とエッチをしましたけど、いつもと違うものを得たような 気がしました。

 youkouさんの足元にも及ばない エッチであったと思いますが、繋がることによって 肉体的、精神的に満足なされたのであれば それがポリネシアンセックスじゃないでしょうか?。ただ快楽のための 肉体的セックスは多いのですが、これは 精神的な繋がりのあるセックスの究極に値するのではないかと思います。一体感から得られる何か… 僕もそこまでの満足感を得たいです。 本当に長文にわたるレポートありがとうございます。ますます ポリネシアンセックスと言うものに興味を得ました。

 「けん」さん お名前を間違えて済みません。コメントを 有り難うございました。上のように云って頂いて 恥を忍んで思い出を綴った甲斐がありました。また機会があったら お邪魔します。「エログ」の「夏樹」さんが 何と云って下さるか楽しみです。(終わり)(茫々録・共存録・青春 契機 より)